KIND OF HAPPY DAYS

家族が「なんとなく幸せな日々(Kind of Happy Days)」を送るためのヒントを発信しています。

お金

自動車保険をディーラーで買うと2倍の費用になる!

去年、生まれて初めて車を買ったのですが、なんにも知識がなかったので、普通にディーラーで買ったのですが、それが失敗でした。 車体を安くしてもらった代わりに、トヨタのクレジットカードやら、高い自動車保険(月9,000円)やらに一年間は入ることになって…

子供の教育費の積立には「つみたて(積立)NISA」がおすすめ!!

2018年1月から始まったつみたて(積立)NISAですが、これは教育費の積み立てに最適です! 僕は、子供たち(現在、3歳の双子の男の子)の教育費は、このつみたてNISAで貯めています。 以前は、学資保険を使っていましたが、そっちは解約して、今はつみたてNI…

住宅ローン控除の確定申告で最も参考になったサイト。

今年は生まれて初めての住宅ローン控除の確定申告をしたのですが、うわさで聞いていたほど大変じゃなかったです。 何が必要か、どうやってやるのか、色々調べたのですが、このサイトが一番わかりやすくて丁寧でした。 https://shokonoaruie.com/loankojo-kak…

「幸福な人生」に必要な三つの「資本」

幸福の「資本」論 あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」という本を最近読みました。 参考になったのが、本の中で中心的に取り上げられている、以下の3つの資本です。 ①社会資本 誰と社会的に繋がっているか?です。 家族とか、恋人…

給与のピークは50代だけど、お金が必要なピークはそこじゃない。

この図(国税庁の2015年のデータ)を見ると、給与のピークは50代になっています。 だけど、50代ってもう子供が巣立ってますよね? お金、要らなくないですか? 子供に時間もお金もかかる20〜30代の方が収入が少ないって、よーく考えるとおかしな話だと思います…

「仕事以外の時間」をどう作るか?どう使うかが、収入アップの鍵になると思う。

この1つ前の記事でも書きましたが、これからは、「本業の仕事以外の時間」をどう使うかが、収入アップの鍵になってくると思います。 本業の仕事(会社員)では、収入アップのスピードもアップ量もたいしたことないんですよね。 国税局の調査によるサラリーマ…

働き方改革をしたら毎月の給料が10万円も減った話

働き方改革ということで、勤め先の残業規制が厳しくなり、毎月の残業時間に制限ができました。 いままでも僕はそんなに残業していなかったのですが、試しに1ヶ月の合計残業時間をゼロにしてみることにしました。 最初は仕事が残ってしまって大変な時もあった…

教育費を学資保険で貯めてはいけない。

子供が産まれた時に学資保険に入った人が多いと思います。 僕もそうでした。 それ、すぐに解約した方がいいです。 学資保険は情報弱者向けのビジネスです。 あなたの子供の教育のこと真剣に考えた商品ではありません。 保険会社が自分たちが儲けるために売っ…

子育て世帯におすすめの積立NISA銘柄は?

積立NISAですが、扱っている投資信託の種類がたくさんありますよね。 なにを選んだらいいいか分かりにくいと思います。 投資信託では、海外株式、国内株式、海外債権、国内債券の4つに分散投資をすると、どれかがマイナスになっても、どれかがプラスになるた…

「住宅ローン」「教育資金」「老後の資金」の貯め方。

家を買うと決めた時に一番不安になったのは、住宅ローンの返済でした。 35年ローンって長いな。。。 繰越返済はするにしても、この何千万円という借金を背負うのか。。。 ちょっと待てよ。 子供の教育費も貯めなきゃならないぞ。 それに老後の資金はどうする…

教育費用積立投信の途中経過報告

僕は今年(2017年)の3月から教育費の積立として投資信託の積立をやっています。 大事な教育費の積立にリスクのある投資はやめた方がいいと、あるファイナンシャルプランナーからも言われましたが、ある意味、人柱としてその報告を随時していきたいと思いま…

家庭内におけるサンクコストの話

サンクコスト(埋没費用)とは、目的のために使用したが、もう戻ってこない資金や労力のことを言います。 人間はこのサンクコストに捉われがちな性質を持っています。 もう、こんなにお金と時間をかけたから、結果が出るか分からないけれど、とりあえず進めた…

共働き夫婦が財布を一緒にすべき理由

我が家は僕がフルタイムで働き、妻が午後のみパートで働いています。 僕の月々の給料はそんなに多くありません。 (残業をほぼせずにすぐに家に帰るため) 二人合わせての手取りはせいぜい多くても40万円です。 それでも、新築一戸建てを購入し、新車を購入…

子育て世帯におすすめの積み立てNISAについて

2018年1月から始まる積立NISAですが、以前もご紹介した通り、子育て世帯の子供の教育費の積立としておすすめです。 高校卒業までに17年間積立し、売却しても課税されません。 通常ですと利益に対して20%の税金がかかります。 とはいえ、大事な子供の教育費を…

「節約」ではなく「収入UP」による家計改善方法

家計のやりくりや、貯金の増やし方などの特集を好きでよく見るのですが、だいたい「節約アイデア」ばかりで、どこも同じようなことを言っています。 ・こまめに電気を消す ・スマホをキャリア契約から格安スマホにする ・電気、ガス、水道の契約を安い会社と…

自動車ローンはディーラーで組まずに自分でお得な金融機関を見つける。

双子がもうすぐ3才になるという頃に車を初めて購入しました。 それまでは夏でも冬でも電動自転車や電車であちこち行っていたのですが、疲労感がとんでもなく・・・ 特に電車で動物園などに出かけて、帰りの電車の中のぐったり感はとてもいい表せないほどでし…

双子の教育資金の貯め方と保険の選び方。

我が家では双子の教育資金(高校卒業後に使うお金)を双子が生まれた時から始めました。 今は積立型のインデックス型投資信託を毎月25,000円分購入しています。 ※ボーナス時には多めに投資 日本株式・海外株式・日本債権・海外債権・グローバルリート に分散…