1歳から2歳までの双子育児のあれこれ

確か、夜泣きがなくなったのが、1歳になってちょっとのことだったと思います。
 
毎晩泣き始めたら、寝るまで抱っこしていましたが、体力の限界で、ある日、泣いてもそのまま寝たふりをしてました。
 
30分くらい泣き続けたと思いますが、そのあとは泣き疲れて寝てしまったようです。
 
次の日はどうなるかな?と思いましたが、しばらく泣いていましたが、昨日よりも早めに1人で寝てくれました。
 
泣き叫ぶ子供を抱っこせずに寝たふりをするのは、心苦しかったですが、それ以降、ピタッと夜泣きがなくなりました!
 
もっと小さい時から子供部屋で一人で寝かすといいだとか、海外では泣き叫んでも一人で寝かすと、次の日からおとなしく寝るようになるとかいいますが、うちでは今でもおなじ部屋で寝ています。
 
ただ、2歳半くらいからか、「ねないこだれだを読み聞かせてからは「おばけがくるよー!早くねんねー!」と言うと、自分たちだけで寝てくれるようになりました。
 この本ですね。
 

 

 効果抜群でした。
 
おかげで、その日から夫婦の会話の時間が生まれ、夫婦関係も良くなりました。
 
子供が寝た後に、2人でお酒を飲みながらいろいろ話したり、テレビで映画を観たりとか。
 
やっぱり、子供に対する態度に心の余裕を持たせるには、円満な夫婦関係が大事だと思います。
 
そして、そのための時間を作るための「努力」が必要なのだと思います。