双子の教育資金の貯め方と保険の選び方。

我が家では双子の教育資金(高校卒業後に使うお金)を双子が生まれた時から始めました。

 

今は積立型のインデックス型投資信託を毎月25,000円分購入しています。

※ボーナス時には多めに投資

 

日本株式・海外株式・日本債権・海外債権・グローバルリート

 

分散投資しています。

 

子供が産まれたばかりの時は、保険会社の学資保険に入っていたのですが、保険のこと、投資のこと、住宅購入に伴う保険の変更などなど、いろいろ勉強して考えた結果、そうすることにしました。

 

学資保険は解約しました。

今入っている保険は。。。

 

・死亡保険(住宅購入時に必ず入る団信保険。死亡したら住宅ローンがなくなる。支払無し)

・死亡保険(会社の福利厚生なので、自己負担なし)

・死亡保険(逓減型の保険。若い内に死ぬと保険金は高いが年を取るにつれて減っていく。その分月々の支払は安い)

 

の3つです。

 

見ての通り、死亡保険のみです。

 

医療保険は掛け捨ての安いのに入っていましたが解約しました。

高額医療制度によって、どんな病気になっても自己負担がたいした金額にならないからです。(約8万円)

そして、日本人の多くは3か月以上入院しません。

 

それならば、半年分程度の生活費を常に貯金しておけば問題ありません。

 

30代で私が(パパが)死亡した場合のシミュレーションは下記の通りです。

 

・住宅ローンなくなる

・3千万円程度の保険金がおりる

・遺族年金が毎月約10万円(子供2人の場合。子供が18歳になるまで支給される)

※遺族年金に関してはこのサイトが詳しいです。

 ⇒http://setsuyaku-monogatari.net/insurance/izokunenkin

 

3千万程度の保険金は子供の教育費として取って置き、あとは妻が今まで通り働いていればなんとかなる金額が毎月もらえます。

 

住宅ローンの支払もなくなりますし。

 

これで月々の保険料支払は約2,000円です。

 

学資保険の満期時の利率よりも、インデックス型投資信託で10年以上運用した方が利率がいいと判断しました。

 

どの本を読んでも、分散投資日本株式、日本債権、海外株式、海外債権に分散投資)をすれば年利3%程度はいけるとのこと。

 

いまのところ、まだ半年程度しか積み立てていないですが利率は4~5%です。

 

過去のデータはあくまでも参考程度にしかならないので、今後様子を見ながらやり方は変えていこうと考えています。

 

リスクは高いですが、最悪なくなってもいい範囲の金額でビットコインの積立なども考えています。