パパがママから粗大ゴミ扱いされない方法

子育て世代のママさんからよく聞くセリフに

 

「パパにはもう何にも感じない」

セックスレスになって何年も経つ、もうこのままでいい」

「大きな子供がいるだけ」

 

といったものがあります。

 

子供ができるまでは、仲の良かった夫婦がなぜこういうことになるのか、話を聞くたびに不思議でした。

 

ですが、我が家も双子ができてからは、あきらかに妻の中での私の順位が目に見えて急下降していくのを感じました。

 

私たち(妻と子供たち) と あなた(夫)

 

という構図になっていきます。

 

 

これには、オキシトシンが影響しているそうです。

 

オキシトシンは女性が出産時に大量に分泌するホルモンです。

子宮を収縮させるホルモンで、陣痛促進剤の役割も担っています。

オキシトシンは脳にも影響し、相手を絶対的に信じ、愛情をそそぐようになります。

 

このホルモンのおかげで、女性はわが子を守ろうという気持ちになるのです。

 

しかし、オキシトシンには副作用があります。

 

オキシトシンが増えると排他的になるのです。

 

わが子を守ろうとするために、障害となる人間にたいして攻撃的になります。

 

つまり。。。。妻から邪魔者扱いされている男性は、妻のオキシトシンの副作用が原因ともいえます。

 

パパがわが子にとっての「障害」であるとママが認識し、「排除」しようとしているのです。

 

その場合は、パパがママにとっての「仲間」であると認識してもらえるように努力しないと、受け入れてもらえません。

 

妊娠中から妻のサポートを行い、「仲間」であると認識してもらうのがいいですが、出産後に手を抜くと「障害」扱いされてしまいます。

 

男性は妻の「排他性」はわが子を守るための「防衛本能」であると理解して、その輪に入れてもらえるよう努力をしなければなりません。

 

大変かもしれませんが、妻のイライラにこういった理由があると「論理的」に理解ができれば、家庭内のイザコザも減るのではと思います。

 

でも、妻に「君の排他性は防衛本能からくるものであるから、私は気にしない」なんて言ったら、余計険悪になるので、絶対に言わないほうがいいですけどね。

 

オキシトシンについてはこの本が詳しかったです。