育児

本当に必要な早期教育とは?

「パパは脳科学者」を読んでいるのですが、非常に面白くためになることが多いです。

今回は早期教育に触れられている部分についてご紹介(本の内容の簡単なまとめ)したいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

IQテストは下記の3点を測る検査です。

 

・論理力

・言語力

・熱意

 

「熱意」を持って、「論理的」に物事を考え、それを「伝える」

どれが欠けてもいけない大事な要素です。

 

ですが、この3要素で「論理力」が最も軽視されています。

 

親は幼児に対して絵本の読み聞かせをしたり(言語力)、がんばるよう励ましたり(熱意)しますが、計算や図形の考え方を授ける頻度は少ないと思います。

心当たりありますよね?

 

数学や物理に関係した玩具や絵本も、まだまだマイナーです。

 

しかし、早期教育で重視したいのは、小学校で習うような計算や漢字を、いち早く教え込むことではありません。

 

いずれ小学校で習いますし、早く教えてもその効果は一過性であり、親の自己満足です。

 

むしろ、幼少時にこそ習得すべきものがあります。

それは以下のような「考える力」です。

 

・自然や実物に触れる「五感体験」

・忍耐力

・物事を不思議に思う「疑問力」や「知識欲」

・筋道を立てて考える「論理力」

・未来や他人の心の内などの見えないものを理解する「推察力」

・適切に判断する「対処力」

・多角的な解釈を可能にする「柔軟性」

・人の考えに耳を傾ける「疎通力」

 

これら「考える力」はその後の成長を後押しする底力になるはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここまで本の内容です。

 

では、現実的にこれらをどう実行していくかですよね。。。

 

著者は子供がいたずらをしたい言う事をいかない時は

 

「○○をしていいんだっけ?それはいいこと?悪いこと」

 

と子供に問いかけるそうです。

 

そうすることで、子供が自分で何が良くて何が悪いかを考えるようになるそうです。

 

そして、「こうしなさい」という時は否定形ではなく肯定系の言葉を使うとのことです。

 

「歯を磨かないで寝ちゃダメだよ」

 

ではなく

 

「歯を磨いてから寝よう」

 

という風に。

 

言葉や表現に気を使う意図は

 

「我慢することはイヤなことではない」

 

という雰囲気をじっくり作り、当人の自制心を通じて「積極的に我慢する」ように導くことが大切だからとのことです。

 

 

 

 

なかなか根気がいりそうですが。。。。

しばらく試してみよと思います。

 

その他にも父親目線での役立つ情報がたくさんあるので、育児好きな男性、育児に悩んでいる男性には、この本はおすすめです。

 ↓