futagopapaの日記

夫婦関係、育児、映画など気になったことを書いています。男の子の双子育児中のパパです。

2歳から3歳までの双子育児のあれこれ

2歳から3歳の間に、うちの双子(男・男)達は戦隊物にハマり、百円ショップで買ったスポンジの剣を毎日振り回しています。

 

男のDNAには戦いの遺伝子が組み込まれているのか。。。

と思うくらい毎日何か(時には双子の片割れやパパやママ)と戦っています。

 

そして、ちょっとずつおしゃべりができるようになりました!

 

ママのことを「アンマ」と呼び、僕のことを「パパ」と呼んでくれるようになりました。

 

これは親としてはもっとも嬉しかったですね。

 

段々とできることが増えてきて、こちらの言うことも分かるようになってきました。

 

なので、お片づけや着替え等も少しづつ自分でできることも増えました。

 

ですが、双子ですと、片方に愛情を集中して注ぐことが難しく、時には(結構な頻度ですが)わざとわがままを言って親を困らせたり、双子の片方を叩いたりしていました。

 

これは、「やめなさい」と言っても対処療法でしかなく、根本的な原因の解決にならないため、双子を引き離し、ママとパパで別々の子供と一泊二日過ごす日を作ったりしました。

 

これはとっても効果があり、1週間ほどは信じられないほど素直な子供になりました。

 

まあ、1週間で元に戻るのですが。。。。

 

あと、2人の個性がはっきりと分かれてきました。

 

一卵性なので、基本的には遺伝子は同じなのですが、最近の研究によると、一卵性でも若干の遺伝子の違いがあるようです。

 

1人は活発的でおしゃべり、1人はもくもくと一つの作業をやるのが好き。

 

2人に合わせた声掛けを意識するようにもなりました。

 

それぞれでできることも、ペースも違うので、同じことを求めないようにしています。

 

あと、同年代の子供と遊ぶと脳も刺激されるのか、使う言葉が増えたり、行動が影響されてきたりします。

 

病気面でいうと、2歳の時も3歳の時もインフルエンザになりました。

やはり予防接種を受けておけばよかったと後悔しました。

大人と違って子供はかかりやすいのかもしれません。

 

そして、ちょっとずつ、双子のもう一人のことを気にかけるようになってきました。

「これは○○ちゃんのぶん」と言って、相手のものを渡してあげたり、お菓子を食べていても相手やママやパパに「あげる」と言ってくれたり。

 

そんな成長が嬉しいですね。

 

そんなこんなで、あっという間に2歳から3歳に。

 

じゃべる言葉も増えて、とってもかわいいです!

その分、生意気にもなりましたが。

 

大変なことが多いですが、長い人生で見たら一瞬の、この「一日一日」を大事に過ごしていこうと思います。