育児を経験すると、人としてレベルアップする。

まだ僕が社会に出たばかりの頃から、うっすらと思っていました。

 

 

 

「なんだか、結婚している男の方が仕事ができるような気が・・・」

 

「なんだか、結婚している男の中でも子供がいる人の方が仕事ができるような気が・・・」

 

「なんだか、既婚者で積極的に育児をしている人の方が仕事ができるような気が・・・」

 

「なんだか、既婚者の女性の方が、未婚の女性より無駄なく素早く仕事しているような気が・・・」

 

「未婚の30代とか40代の男性ってなんだか自分のことしか考えてないか?」

 

「未婚の40代の女性ってなんだか話しづらいな。というか怖い人多いな・・・」

 

 

 

今なら、全て理解できます。

 

嵐のような双子育児を通して、全て理解できました。

 

育児は「仕事なんか」よりよっぽど大変なんです。

 

大切な子供の命がかかっていますから。

 

お金のやりくり、夜泣きの対応、ぐずりの対応、お漏らしの対応、しつけ、家事などなど、もう数え上げれば切りがないほど、タスクが盛りだくさんです。

 

こんな修羅場をくぐり抜ければ、そりゃー男も女も「肝っ玉かあさん」になれます。

 

育児をすればトラブルに対する許容度も広がるし、効率的に作業を行うようになるし、人の気持ちにも敏感になるし、いいことづくめです!