保育園に預入時間の電話したら、妻が電話した時より条件が良くなった話。

午前も午後も働く通常時間の勤務をしている場合は、子供を保育園に預けられる時間が朝からなのですが、午後から働いている場合は保育園によって方針がまちまちです。

 

保育園によっては朝から預かってくれるところもありますが、中には午後からの預け入れで、しかも給食も出さないところもあります。

 

なのに、費用が安くなるわけでもなく、かかる費用は朝から預けている人と同じです。

 

我が家が使っている保育園は0歳から3歳までの子供を預けられる保育園です。

 

最初は午後からの預けで給食も無しという条件だったのですが、市役所に苦情を入れたら給食がつくようになり、週に2日は朝から預けられるようになりました。

 

ただ、その対応もそれぞれの保育園にまかされているため、中には毎日朝から預かってくれるところもあるはずです。

 

 

今年の4月からうちの子は別の保育園に行くことになります。

(今の保育園は3歳までしか預けられないので)

 

そこで、妻がもう同じ嫌な思いをしたくないとのことで、候補の保育園に預け入れ時間について電話で確認をしました。

 

そうしたら、どこも朝からは預かれないというのです。

 

そこで、今度は僕が電話しました。

(候補の保育園10園?10社?に全て電話しました)

 

「私はフルタイムで働いています。妻は午後から働く短時間勤務です。今の保育園は週に2日朝から見てくれてます。そちらはどうでしょうか?毎日朝から預かって頂けますか?」

 

その結果、1つの保育園を除いて全ての保育園が朝から預かってくれると回答しました。

 

電話をした人間が、男か女かというだけで、この対応の差はなんなんだ?

 

と疑問に思いますよね?

 

ダメだと回答した保育園は公立なのですが、「公立なのでいつ園長が変わるか分からない。園長の方針で変わるかもなので、私は何も約束できない。」と答えていました。

 

要は園長という1人の人間の考えで、預け入れ時間がフラフラ変わるんです。

 

しかも妻が確認した時は「だめだ」と言い、ぼくが電話した時は「オーケー」と言う。

 

誰が聞くかでもフラフラ変わるなんてだめじゃないですか?

 

子供を何時から預かってくれるかによって、親の働き方も変わってきます。

 

そんな重要性を保育園や行政は認識していないのでしょうね。

 

もう、法律とかで決めちゃえばいいと思います。

 

もしくは市役所にもっと強い権力をつけさせて、預け入れ時間で苦情がきたら、市役所のアドバイスに従わないと罰金が発生するとか。

 

最終的には希望の保育園に合格して、希望の預け入れ時間で預けてもらえることになったので良かったのですが、なんだかモヤモヤする事件でした。