昔の親も子供が寝た後にファミコンで遊んでいた。

こないだ、僕の実家に子供達を連れて帰った時に、任天堂のSWITCH の話題になったのですが、その時に僕の母が「昔はファミコンが流行って、子供達が寝た後に親が遊んでいたのよね。」と言っていました。

 

僕にとってはちょっと意外な事実でした。

 

確かに子供達が小学生とかになって、SWITCH を買ってあげたら、きっと僕も遊ぶと思います。

 

むしら、自分が遊びたいから買いそうです。

 

でも、僕の記憶にある両親は(特に父は)、子供の遊びに厳しくて、ゲームもテレビアニメも1日30分と制限していて、何で息抜きしているのか分からないほど真面目な硬いイメージでした。

 

そんな父と母が小学1年生の僕と幼稚園に通っていた妹が寝た後に、こっそりとファミコンマリオブラザーズで遊んでいたなんて、なんだか微笑ましくて嬉しくなってしまいました。

 

きっと僕も子供達から、この人なんか硬いなー、何か楽しいこととかしないのかなー?なんて思われる日が(既に思われてるかもですが)来るのかもしれません。

 

あまり硬く考えすぎ、人生は楽しむものなんだということを、子供達に見せていきたいなと思います。