何かをやるということは、何かをやらないことを選択するということ。

家事・育児に参加しようとすると、代わりに仕事の時間を削ることになります。

 

早く家に帰るには、仕事を早く切り上げる必要がありますから。

 

だけど、削るものは「時間」であって、「質」になってはいけないと思います。

 

時短勤務をしている働くママさん達はとっても仕事が早いです。

 

早いだけでなく、的確で、無駄なことをしていません。

 

この無駄なことをしないというのが大事なんだろうなとよく思います。

 

無駄な打ち合わせ、無駄な電話、無駄なメール、無駄な資料チェック、数え上げればきりがないほど、仕事には無駄なものが溢れています。

 

でも、これらって無駄だと思わない人もいるんですよね。

 

「仕事をする時間」がたっぷりある人達ですね。

 

彼らは会社の仕事以外に重要なことがたいしてないので、いつまでもダラダラと仕事をしています。

 

この人達は、「仕事にかかる時間を無駄に増やす」という選択をすることで、「仕事以外の時間」を削っています。

 

「仕事以外の時間」を削ってしまうと、収入を上げるための会社外での課外活動も、家庭での家事・育児の参加もできないため、自分自身のことも、家庭のことも疎かにすることになってしまいます。

 

これからは「仕事以外での時間」が収入アップにも、家庭のためにも重要になってくると思っています。