ハッピーバレンタイン

昨日の夜、家に帰り玄関を開けた途端、双子(3歳半)が、「パパ!ケーキ!チョコケーキとイチゴ!あるよ!早く!こっちきて!」と出迎えてくれました。

 

ものすごいハイテンションだったのでびっくりしたのですが、僕が帰るまでケーキをお預けされてらしく、早くこっちにこい、ケーキ食べれないだろ、ということだったようです。

 

チョコケーキにロウソクをつけて火を点け、部屋の電気を消し、妻が謎のハッピーバレンタインの歌(ハッピーバースデイのメロディ)を歌い、子供達が勢いよくロウソクを吹き消しました。

 

子供達は僕が家に帰ってから、ケーキを食べる直前まで両手をあげて「イエイ!イエイ!」と大盛り上がりでした。

 

こんなハイテンションな人間は職場では絶対に見ないですし、普段の生活でもなかなかないです。

 

こんな無邪気に何かを喜ぶ、子供の裸の感情に触れるたびに、心が癒されます。