「嫁が何考えているか分からない」という人はきっと多い。

このマンガの男性のような人はきっと多いんでしょうね。

 

僕は、家族のために頑張る方向を間違えちゃっていたのかな。 / 第10話 | Conobie[コノビー]

 

子供が生まれても変わらない夫、妻だけがなぜ「女」から「母」に変わらなきゃならないのか。

 

仕事していればいいと思っている男性がいることにびっくりです。

 

さすがに今の20代、30代にはこういう人は減ってきているんでしょうけど。

 

だいたい「嫁」という単語が僕は嫌いです。

 

「うちの嫁がー」とか言う人いますが、妻を大切にしていないと、いつも感じてしまいます。

 

なぜ、「妻が」とか「奥さんが」とか言えないんでしょう。

 

ないがしろにしてるようにしか思えません。

 

「旦那」とか「主人」という言葉も、主従関係を思わせるので嫌いです。

 

対等な関係の夫婦に「旦那」も「主人」も何もないはずです。

 

父親は仕事だけをしていればいい時代はとっくに終わってます。

 

そして、仕事をやりつつ、家事・育児に参加すればいいというだけの話ではありません。

 

20時に帰ったらもっと遅く帰ってきてと言われた話。 - futagopapaの日記

 

この記事で書いたように、妻とのコミニケーションを絶やさずに、妻と子供達は自分に何を求めているのか、彼らの気持ちに敏感になり、その気持ちに寄り添いながら、「やるべきこと」をやるのです。

 

それは、皿洗いかもしれませんし、子供と遊ぶことかもしれませんし、妻との2人だけの会話かもしれません。

 

ただ、何も考えずに皿洗いしたり、洗濯したり、子供と遊べばいいのではないのです。

 

その時その時で、必要とされることをやるのです。

 

そのためには、家族との普段からのコミニケーションが絶対に必要です。

 

特に妻との会話は1日1時間は取った方がいいです。

 

平日に時間が取れないなら、週末に必ず時間を取ってください。

 

そうしないと気持ちは離れていき、いずれ離婚することになります。