1歳でも4歳でも楽しんで読めて、感謝の気持ちを学べるおすすめの絵本「とってください」

f:id:futagopapa25:20180320060956j:image

 

先日の記事でもこの本について触れましたが、あの出来事を通して、あらためてこの本は優れているなぁと感じました。

 

まず、話が繰り返しになっているんですよね。

 

f:id:futagopapa25:20180320060838j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320060847j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320060856j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320060904j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320060912j:image

 

こんな会話を動物やとってもらうものを変えて繰り返しています。

 

繰り返しになっているので、子供達が次のストーリーを想像しやすいんですよね。

 

なので、次のページをめくりたいと自然と思います。

 

それにセリフも同じ内容の繰り返しだから、子供も暗唱しやすいです。

 

繰り返しのストーリーによって、誰かになにかをしてもらったら「ありがとう」とお礼を言うということが、自然と頭の中に入ってきます。

 

あと、これが地味にいいポイントなのですが、本文の紙が厚いのでなかなか破けません。

 

おそらく1歳か2歳から読んでいる本で生き残っている(子供が食べたり破ったりしても生き延びた)本は、これを入れても2、3冊くらいしかないと思います。

 

丈夫にできていますので、1歳とか2歳くらいの小さい子供にあげても安心です。

 

3歳半の今でもうちの子供達はこの本を読んでいます。

 

感謝の言葉を子供に教えたい人にはおすすめの絵本です。

 

 

とってください

(Amazonで調べる)