子どもをほめるのはだめ?じゃあどうしたらいいのか?

f:id:futagopapa25:20180322053733j:plain

 

子供絵を描いている時などに、「上手だね」とか「えらいね」とか、ついつい褒めたくなりますよね。

 

僕もしょっちゅうあります。

 

うちの双子(3歳半)は二人とも絵を描くのが大好きで、壁に貼ったホワイトボードやチラシの裏などにいつもお絵かきをしています。

 

それにレゴやマグフォーマーのも大好きなので、自分たちがイメージしたものを作ってよく僕たちに見せてくれます。

 

みてみてとお家とかブーブーといって色々な自分たちが作ったものを見せてくれるんですが、その時にいつも口癖のようにうまいね、上手だねって、褒めてしまいます。

 

でも、この褒めるというのは教育論的には禁じ手だそうです。

やっちゃいけないことだそうです。

 

なぜストレートに褒めることがダメなのかと言うと、子供にとってはほめられ続けることで「自分は絵を描くことが好きだったのではなくて、もしかしたら褒められたくて描いていたのかな」という風に自分の気持ちの解釈を変更してしまうそうです。

 

この現象を認知的不協和の解消と呼ぶそうです。

 

結局、褒められたその子は絵を描くのをやめてしまうと言われています。

 

この認知的不協和と呼ばれる現象ですが、これを一言で言うと

 

「自分の思惑と現実が矛盾していることにストレスを感じる状態」

 

だそうです。

 

なので、この心理を解消しようとする心理が働きます。

 

「描いていた絵を褒められた」ということに、これを落とし込むと

 

自分は絵を描くことが好きで描いていただけなのに

 

「うまいね」「上手だね」「えらいね」と言われることで

 

「あれ?自分って絵が好きで書いていたんじゃなかったっけ?好きで書いていただけなのになんか褒められてるぞ。おかしいなぁ?」

 

「あ!そうか!自分は褒められたくて絵を描いていたんだ!」

 

と自分の認識を変えてしまうということのようです。

 

なので、子供が絵を描いていたら

 

「えらいね」とか「上手だね」とか、その子の「行為」を褒めることはできるだけ避けた方がいいそうです。



でも、それって難しいですね。

 

ついつい口癖のように、うまいねとかいいねとか言っちゃいますよね。

 

じゃあどうするかですけど、その子の「行為」を褒めるのではなくて

 

出来上がった「作品」を褒めればいいそうです。

 

出来上がった作品についての感想を言えばいいそうです。

 

たとえば

 

「これは楽しくなる絵だね!」

 

「これはすごい大きい車だね!」

 

「かっこいいねー!」

 

「ママは(パパは)この絵が大好きだなぁ」

 

とかですね。

 

絵を描くことに興味を失ってしまった子どもの親のほとんどが、「自分の声かけが悪かった」と反省することは少なく、子どもの興味が他に移ってしまったと捉えるそうです。

 

なかなか「ほめること」ことって難しいですね。

 

ですけど、難しいからあきらめて安易に褒めるのではなくて、子供たちの心の成長を考えながら、自分たちの行動を意識していこうと思います。

 

(まー、ついついうまいねとか言っちゃうことが多いんですけどね。。。気をつけよう!)

 

この本がこのことに詳しいです。

育児書は色々ありますが、これが現代のベストじゃないかなと思っています。

 

パパは脳科学者 子どもを育てる脳科学

(Amazonで調べる)