ネットフリックス映画「First Match(ファーストマッチ」典型的なハリウッド親子ムービーじゃない、まさにゲームチェンジャーな作品!

今日は「First Match(ファーストマッチ)」というNetflix(ネットフリックス)映画を紹介しようと思います。

 

 

サウス・バイ・サウスウエスト映画祭(通称SXSW)というのが、毎年アメリカのオースティンで開かれているのですが、今年のSXSWでゲームチェンジャー賞を受賞した作品です。

 

里親の元を転々とする暮らしをしているスラム街に住む女子高生モニークは、ある日、刑務所から出所した父を街で見かけます。

 

ですが、父はなかなか打ち解けてくれません。

 

そんな中で彼女は父がかつて夢中になっていたレスリングで父に認めてもらおうとします。

 

そして、男子だけのレスリング部に潜り込みます。

 

レスリングの練習を積む中で、彼女は彼女の中に眠っていたボクシングの才能に目覚めます。

 

そんな彼女の才能に気づいた父は、自分の娘をケージファイトという(おそらく違法)賭けボクシングに金のために出場させます。

 

果たしてモニークは父との心の距離を近づけることができるのか?

 

モニークは父に利用されて終わる人生なのか?

 

モニークはここから抜け出すことができるのか?

 

 

この「自分の娘を金のために利用する」というあたりが、普通のハリウッド的な親子映画とは違っていていいですね!

 

大手のスタジオ映画だったらお偉いさんの圧力で

 

「父と娘がだんだんと和解してしくシーンを見せればいいんだ!」

 

「観客はバカなんだから話を簡単にしろ!」

 

なんてことになっていたでしょうね。

 

主演はElvire Emanuelle(エルヴィル・エマニュエル)、「ロック・オブ・エイジス」というトム・クルーズが出演した映画に出たことがあります。

 

この映画で彼女はウーマンシアタープロジェクトというプロジェクトで「最優秀助演女優賞」を受賞しています。

 

演技力も確かにしっかりしていますね。

 

監督はOlivia Newman(オリビア・ニューマン)という女性の監督です。

この映画が長編映画の脚本と監督のデビュー作になります。

 

このtwitterの向かって左の人ですね。

右は主演のエルヴィルです。

 

 

いままで3つの映画の監督を手がけています。

(First Match(長編)、First Match(短編)、Blue Eyed-Mary)

その中にはこの「First Match」の短編も含まれています。

 

これがそうですね。15分間の短編です。

 

典型的なハリウッドスポーツムービーとか、負け犬が這い上がるよく話とか、お涙頂戴な親子映画じゃないのが、ネットフリックスらしい挑戦で素敵です。

 

こういうエッジが立った作品をもっともっと作って、既存の映画業界を変えていって欲しいですね。

 

「First Match」の日本語の予告編はこのネットフリクスのサイトで見れます。

www.netflix.com

 

英語の予告編はこちら。

 

参考記事

deadline.com