KIND OF HAPPY DAYS

家族が「なんとなく幸せな日々(Kind of Happy Days)」を送るためのヒントを発信しています。

作られた「男らしさ」「女らしさ」に子どもをはめ込んでいませんか?

「男らしさ」や「女らしさ」というものについて最近よく考えます。

 

僕は男性よりも女性との方がコミュニケーションが取りやすいし、居心地がいいです。

 

女性は会話の中で相手の心の中を「察しながら」次の言葉を探したりします。

 

でも男性との会話は「情報の交換」と感じることが多いです。

 

俺はこう思う。お前もそう思わないのはおかしい。

 

みたいな人も中にはいます。

 

会話というか相手を言いくるめるのがコミュニケーションだと思っていたり、自分の考えを認めて欲しくてしかたない気持ちが丸出しだったり。

 

疲れるんですよね。

そういう一方通行のコミュニケーションって。

 

子供の頃は、友達(男の子)は自分の言いたいことばかり言ってわーわー騒いでいて、本当にイヤでした。

 

こんなバカ話のどこが面白いんだろうとよく思っていました。

 

大声を出すのも僕は嫌いで、スポーツをやるたびに声が小さいと怒られていて、それもイヤでした。

 

僕以外にも同じようなことを考えていたやつってきっと他にもいると思うんですよ。

 

大人になってから同じような人と出会って、そういう人とはやっぱり気が合うので仲良くなりますね。

 

そんななかで思うのは

 

・相手には弱みを見せてはいけない

 

・自分の意見を強く主張する

 

・大きな声で話す

 

こういう態度って、全ての男性が目指すべきものでもないし、男性の性格として常識でもないと思います。

 

遺伝子のせいなのか、男性の中にはこういう人が多いというだけで、そして声の大きい人間の意見が通りやすいため、これらの特徴が男性的と思われていますが、本来はおかしなことです。

 

この3つはこういう意味にも置き換えられます。

 

・自分の間違いを認めない

 

・相手の意見を認めない

 

・相手を威圧するような強い態度をとる

 

これって正常なコミュニケーションじゃないですよね。

 

これらの行動が正しい「男らしさ」とは誰も思わないはずです。

 

だけど、実際は多くの人の心の奥底にこういう意識が潜んでいます。

 

これらの意識がもとになり、男性らしさというものを作り出しています。

 

人間性というのはもっと多様なもののはずです。

 

そして、その多様性を一人一人が認めることができれば、誰もが生きやすい社会ができあがるはずです。

 

自分らしさを生かした生き方ができるようになれば、幸せを感じて生きることができるようになります。

 

そして、多様な生き方を目にすれば、決まりきった男らしさに縛られずに自分の生き方を考えるようになるはずです。

 

親やメディアによって、男らしさというものを洗脳されている人も多いです。

 

特にテレビですね。

中でもトレンディドラマです。

 

あれが男女の性格や行動にかなり影響を与えていると思います。

 

自分の子供には様々な角度からの視点を持って欲しいので、いろいろな人に会わせたり連れて行ったり、様々なジャンルの映画などをみせていきたいと思っています。

 

 おすすめ記事セレクション!

[口コミ]マグフォーマーの類似品が最高にコスパがいい!磁力も互換性も問題なし!!

【まとめ】おすすめのピクニック & バーベキューグッズ 10選![口コミ][随時更新]

動画配信サービス”比較”は意味が無い!『Amazon Prime & Netflix』が最高な3つの理由!