futagopapaの日記

夫婦関係、育児、映画など気になったことを書いています。男の子の双子育児中のパパです。

Netflix 「キャンディジャー」ディベートに青春を捧ぐ高校生の物語。「何かを始めること」の大切さを描く。

4/27から配信されるネットフリックス映画「キャンディジャー」について書きたいと思います。

 

今日から予告編が公開されましたね。

Candy Jar | Netflix Official Site

 

監督はアメリカの映画監督ベン・シェルトン、出演は女の子役がサミ・ゲイル、彼女は「ブルー・ブラッド〜NYPD家族の絆〜」や「ヴァンパイア・アカデミー」に出演しています。

 

日本だとそんなに名前は知られていないかもですが、アメリカではお洒落ヤングセレブとして人気です。

 

「ヴァンパイア・アカデミー」もティーン向けの人気ヤングアダルト小説が元ネタですしね。

 

男の子役はジェイコブ・ラティモア、この子はR&Bミュージックで超有名な、売れっ子ミュージシャンです。

 

こんな普通な顔してすごいですね。。

人気爆発!?Jacob Latimore(ジェイコブ・ラティモア)って誰? - NAVER まとめ

 

二人ともティーンに人気な俳優ですので、アメリカのティーンにはヒットするかもしれません。

 

ジェイコブ演じる高校生は裕福な家庭で、イェール大学を目指しています。

 

一方で女の子の家庭はワーキングクラスで、生活は裕福ではありません。

 

大学進学資金もないので、ディベート大会でハーバードの奨学金を勝ち取ることを目指しています。

 

肌の色も、性別も、家庭環境もバラバラな二人がディベートに青春の全てを注ぎ、州大会での優勝を目指して頑張る青春映画!

 

子供の頃の夢も情熱も失った大人が、このキラキラ映画を見たら、辛くなるか、自分も頑張る!と奮起するか。どちらかでしょうね。

 

大人になると、子どもの頃の純粋な「好き」という気待ちを忘れてしまうんですよね。

 

忘れてしまって、社会の歯車にいつのまにかなってしまっている。

 

あなたの仕事は、明日から誰でもできる仕事ではないですか?

 

あなたの存在は、あなたの人生は、他の誰かに代替できてしまうものになってませんか?

 

自分だけの価値ある人生を生きるには、なにかを「好き!」という気持ちを大切にすることが重要です。

 

自分の子どもには、それを大切にしてあげたいし、自分自身も、その気持ちを忘れずに、日々を生きていきたいですね。