ピクサー新作短編「Bao(バオ)」の監督ドミー・シーのインタビューが公開!!

ピクサーの新作短編「Bao(バオ)」の監督である、ドミー・シーのインタビューが公開されました!

 

個人的には、本編の「インクレディブル・ファミリー」より、こっちの短編の方が楽しみです。

 

ドミーの話によると、このBaoの企画は4年以上前から温めていたようです。

 

彼女が「インサイドアウト」のストーリーアーティストとして仕事をした頃ですね。

 

その頃に、「インサイドアウト」の監督のピート・ドクターに、この「Bao」の話をしたところ、彼もこの企画が気に入り、なんとか製作ができるよう、かけあってくれたようです。

 

彼女はインタビューでこう言っています。

 

「この映画で私は、親と子どもの関係を描きたかったんです。そして、この映画では、母親の子供離れについて深く描いています。」

 

そうなんですよね。

 

子どもは、いつか親のもとを離れていくんですよね。

 

まだ、うちの双子(3歳半の男の子)は、そんなタイミングは当分先ですが、きっとあっという間なんでしょうね。

 

子どもたちが、親元を離れて自立する時のことを考えると、今から涙が出てきます。

 

この短編「Bao」も、きっと、子どもを持つ親なら大号泣でしょうね。。。

 

本編よりも楽しみにしています。

 

こちらが、「Bao」のティザー動画です!

 

 

こちらも合わせてどうぞ!

 

www.kindofhappydays.com

 

www.kindofhappydays.com

 

参考記事(監督のインタビュー動画はこちらで見れます)

deadline.com