futagopapaの日記

夫婦関係、育児、映画など気になったことを書いています。男の子の双子育児中のパパです。

ハワイの空の上から吐いた思い出が、夫婦をつなぎとめている話。

「思い出が夫婦をつなぎとめる。」と僕は思っています。

 

楽しかった思い出、辛かった思い出、何気ない日々の思い出

 

そういった思い出が、育児に家事に仕事に追われ、夫婦としての関係性にヒビが入りそうな時に、2人をつなぎとめてくれます。

 

僕ら夫婦をつなぎとめている思い出は、新婚旅行先のハワイでの、パラセーリングです。

 

パラセーリングは、船で沖に出て、パラシュートを身体につけて、船がバーっと走って

 

その勢いで空高く飛んで、上空からの景色を楽しむマリンスポーツです。

 

こんな感じですね。

f:id:futagopapa25:20180425155559j:image

 

船を勢いよく走らせる必要があるため、船は沖に出なければなりません。

 

僕は子どもの頃から、かなり乗り物酔いをしやすい体質です。

 

この時も、ちょっと嫌なら予感はしたのですが、まーなんとかなるだろと思い、パラセーリングを申し込み、船に乗りました。

 

なんともならなかったですね。

 

たいして揺れてなかったのかもですが、前日までハワイのレストランやバーで、食べまくり飲みまくりだったせいか

 

個人的には、漁船か?と思うくらいの船の揺れで、もう、すぐに吐きそうになりました。

 

でも、なかなか吐こうと思っても吐けないんですよね。

 

新婚の妻が横にいるからか、小さな女の子も乗っているせいか、全然吐けなくて、ひたすら気持ち悪かったです。

 

吐きたいけど吐けない時って、一番辛いんですよね。

 

吐けば楽になるのに、それができないから永久に吐き気と戦わなきゃならない。

 

その時、向かいに座ってた60代くらいの白人のおじいちゃんが、僕にアメをくれたんですよ。

 

「これでも舐めな。気分良くなるぜ。」

 

みたいな、アメリカンスマイルでアメを差し出されて、本当は断りたかったんですが

 

それじゃ、このおじいちゃんに悪いなと思って

 

「さ、さんきゅー」とアメをもらい、口に入れました。

 

これがよくなかったです。

 

このアメ、ハッカ系のスカッとするアメだったんですが、めちゃくちゃ甘い。

 

もう、砂糖を煮詰めて、煮詰めて、煮詰めまくったみたいな、そんな究極の甘さとハッカが融合したみたいな味で

 

まったくスカッとしなくて、さらに吐き気が増しました。

 

もう、ダメだ。
失神しそうなくらい気持ち悪い。。。

 

と思っていたら、スタッフが順番を先にしてくれて、早くパラセーリングに乗ることになりました。

 

「上に行けば気分良くなるから!」

 

みたいなことをスタッフに言われ、シートベルトを締め、もうろうとしていたら、あっという間に上空に引っ張り上げられました。

 

上空から見ると船は小さく見え、海の向こうにオアフ島のキレイな景色が広がっていました。

 

一緒に乗った妻は「きれい!きれい!」とすごいはしゃいでいて

 

僕は吐き気と戦いながら、険しい顔で、空か海か島か、どこかの一点を見つめていたと思います。

 

その時

 

船にいるスタッフが、パラセーリングにつながっているひもを引っ張り、僕の体がぐらっと揺れました。

 

僕の体は、僕の意識が「揺れている」と感知する前に揺れ

 

その意識と体の感覚のズレが発生した瞬間

 

思いっきり、空の上から吐きました。

 

吐瀉物がキラキラと空の上から降り注ぎ

 

その吐瀉物が小さな点々になっていくのを、妻と2人で眺めていました。

 

僕は、人生最悪の船酔いから解放され、呆然としていて、妻は驚きの展開にひたすら爆笑していました。

 

それ以降の記憶は飛んでしまって、もう覚えていないです。

 

船に降りたことも、港に戻ったことも、なにもかも忘れました。

 

ただ、僕の吐瀉物が、空の上から海に向かって落ちていき、キラキラと光る点々が段々と小さくなっていき

 

横で、妻が大爆笑していたことだけは、きっと死ぬまで忘れないと思います。

 

そして、妻も、この話を死ぬまで忘れないと思います。

 

新婚旅行の思い出話をするたびに、僕らはこな話で盛り上がります。

 

きっと、これからも、僕ら夫婦の関係をつなぎとめ続けるであろう、大切な思い出です。

 

めちゃくちゃ、気持ち悪かったけど。

 

新婚旅行はそんなに乗り気じゃなかったですけど、行ってよかったです。

 

旅行自体を楽しむというよりも、一生、夫婦2人が共有できる、何物にもかえられない、大切な思い出を作ることができます。

 

そして、その思い出が、夫婦2人をどんな時もつなぎとめてくれます。