なぜ勉強するの? それは「人生を深く楽しむため」そして、その方法とは?

f:id:futagopapa25:20180514061515j:plain

 

この記事を読んで、子どもが勉強する意味について考えてみました。

 

president.jp

 

僕も中学歳の頃、なんで勉強するのか意味がわからないと言って親を困らせ、

 

親からは、なんだかフワフワした回答しかこず、ただ勉強しなさいとだけ言われ、

 

その反発から勉強に身が入らなかったのを覚えています。

 

社会に出てから学歴が大事だよー、だから勉強しなさいと、よく言われましたが、実際にどうだったかというと

 

大学を出て、大人になり、働き出し、最初に勤めた会社が倒産し(当時23歳)、次に勤めた会社では使えないとクビになり(当時24歳)

 

全然、就職先が見つからず、あやうくニートになりかけ、

 

なんとかしようと、カーネギーの「道は開ける」などの自己啓発本を読み漁り、ニートな意識高い系になりかけ、

 

やっとこ、潰れそうな印刷会社に就職先が決まり、そこでも自己啓発本やらビジネス書を読み漁り、グロービスなどのビジネススクールにも通い、

 

少しづつ、仕事で成果を出していき、自分にも本当の自信がついたところで、自分がやりたい仕事をしようと転職し(当時29歳)

 

その次に働いた会社では、業績悪化により、所属していた場所ごとクビになり(当時30歳)

 

今は、取引先の方の紹介で転職し、別な会社で楽しく働いています。

 

学歴でいうと、大卒と高卒では給与が違うから、大卒の方がいいけど、そんなことより、

 

自分が心からやりたいことに、時間とお金をかけてきたのか?

 

ということの方が、めちゃめちゃ重要だなと感じています。

 

心から好きなことに打ち込むことで、自信にもなり、得意分野があれば仕事にもつながり、好きなことなら続けられます。

 

こんなこと、仕事にならないよ?

 

なんて大人が言うことでも、意外とちゃんと仕事になるんですよね。

 

極端なところだと、YouTuberだとか、プロゲーマーなんて仕事になるって思った人はほとんどいなかったはず。

 

No.1 Youuberのヒカキンさんのこのインタビューがおすすめです。

好きなことを仕事にすることとは?について考えさせられます。

r25.jp

 

あと、僕は「芸術系の大学を出ても、仕事なんてないからやめとけ」と散々言われたけど、実際、社会に出たら、

 

芸術系の大学や専門学校を出た人間が、めちゃめちゃ楽しそうに仕事していたり、

 

自分で好きなものを創作活動していたり、ある知り合いは、仕事しながら切り絵職人になっているし、

 

ある人は、カメラマンとしてオーストラリアで活躍しているし

 

おもちゃ会社でおもちゃの企画を考えている人もたくさんいるし

 

「芸術系の大学を出ても仕事がない」

 

なんてのは、まったくの嘘じゃんと、社会に出てから気づきました。

 

勉強するなら、好きなことに時間をかけて磨いた方がいいです。

 

好きなことなら続くし、それがいずれ仕事につながります。

 

でも、勉強って好きなことばかりじゃないんですよね。

 

国語は好きだけど、数学や物理は嫌い

 

歴史は好きだけど、数学も国語も嫌い

 

なと、好きな教科と嫌いなと教科かあるのが当たり前だと思います。

 

なぜ、嫌いな教科もやらなくてはならないのか?

 

この理由は

 

「最低限の教養があると、人生を楽しめる」

 

「深い教養があると、人生をさらに深く楽しめる」

 

からです。

 

大人になってから気づいたのですが、これは子供も理解できるように、このことだけを教える授業を作って欲しいくらいです。

 

英語が分かれば、海外の未邦訳の小説や、日本で公開されない映画も楽しめるし

 

数学が分かれば、「ご冗談でしょう、ファインマンさん」のような、めちゃめちゃ面白い数学の有名人の自伝も読んでいて、深く楽しめるし、

 

物理が好きになれば、映画「インターステラー」のような、実際の物理学を余すところなく反映しているゴリゴリのSF映画をもっと深く楽しめるし、

 

歴史や地理が好きになれば、自分たちが常識だと思っていたことが、いかに作られてきたことなのかということも理解できるし、

 

「サピエンス全史」や、「1493-世界を変えた大陸間の「交換」」などの、歴史本も楽しめるようになるし、

 

歴史ドラマや歴史映画もたのしめるようになるし、

 

美術が好きなら、世界中にある名画を、その背景の理解も含めて理解できるようになるし、なにより、自分で好きなものを形にできるようになります。

 

そして、こういった勉強の内容を、横断して一通り理解することで、それらの知識を組み合わせて、新しいことを作り出すこともできるようになります。

 

落合陽一さんのアートとテクノロジーの合体などもそうですね。

 

この「耳で聴かない音楽会」の仕掛け人も落合さんですね。

japan.cnet.com

 

落合さんの「日本再興戦略」を読むと、彼が、いかにいくつも教養を横串にしてものを考えているか、

 

そして常識というものが、この世には存在していなくて、

 

様々な知識をもとに、自分だけに見える未来を見て、それに向けて進んでいるということが、よく理解できます。

 

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」も、そうですね。これもアートとテクノロジーの合体です。

 

これ、行ってみれば分かりますが、大人でもめちゃめちゃ楽しめます!

 

futurepark.teamlab.art

 

チームラボの代表の猪子さんという方が、テクノロジーとアートを組み合わせた作品作りが好きで得意なため、こんな子供が喜ぶような「未来の遊園地」を作れたのです。

 

ここまでのものをやるには、かなりの教養が必要なはずです。

 

これは音楽とアートとテクノロジーの知識がミックスされた作品です。

光に触れると音が鳴る仕組みになっています。

 

 

勉強によって、さまざまな分野の知識を身につけ、それらをつなぎ合わせることで、今までにないものを作り出せたり、

 

他の人間には見えない未来が見えるようになったり、社会の仕組みが理解できたりするようになるんです。

 

自分が好きで得意なことだけに集中するのも大事ですが、

 

別な分野の知識も、意外に、君が好きな分野とつながっているんだよ。

 

こことここが、こうつながることで、こんなことが起こるんだよ。

 

面白くない?

 

ということを、体験することができれば、進んで勉強するようになるんじゃないかなと、実体験から思います。

 

美術と数学や物理がつながっているなんて、普通は思いませんよね?

 

だけど、チームラボの「未来の遊園地」に行けば、なんの説明も要らずに、それが身体で理解できます。

 

親は子どもに無理やり勉強させることはできません。

 

勉強が嫌いになるだけです。

 

親にできるのは、環境を整えてあげることだけです。

 

子どもが好きで得意なことに熱中できる環境を。

 

そして、その好きで得意なこと以外にも、こういう面白い知識が世の中にはあって、それは君の好きな分野にもこうつながっているんだよと、教えてあげられる親の教養も必要です。

 

つまり、親の教養が高くなければ、子どもに勉強する意味を教えてあげられないんです。

 

子どもを持つみなさん、まずは自分たちが勉強しましょう。

 

大人のための教養本としては、このあたりがおすすめです。