KIND OF HAPPY DAYS

家族が「なんとなく幸せな日々(Kind of Happy Days)」を送るためのヒントを発信しています。

カッコ悪い男とカッコいい男たち。日大アメフト事件から考える。

日大と関学のアメフト試合で、関学のクォーターバックに日大の選手が危険なタックルをした事件が、毎日メディアを騒がせていますが、

 

この事件は父親として考えさせられることが多いです。

 

日大の選手が責任を感じ、記者会見を開き、相手の選手に謝罪をしました。

 

「監督からの指示はあったが、実行に移したのは自分」

 

「今後、アメフトはやらない」

 

などと、自分自身の行動の責任を認めていて、多くの人から、共感と賞賛を浴びており、

 

内定を出すからうちで働いて欲しいという企業経営者のツイートもいくつか見られました。

 

じゃあ、肝心の日大の監督はどうかと言うと、遅れて開いた記者会見では、

 

「(タックルの)指示はしていない」

 

「第三者委員会の検討結果を待つ」

 

などと、自分の責任を一切認めずに、逃げ隠れする気が満々です。

 

案の定、この記者会見の後に、検査入院と称して、病院に逃げ込みました。

 

悪徳政治家がよく使うやつですね。

 

アメフト反則タックル問題 日大の前監督ら除名に関連するアーカイブ一覧 - Yahoo!ニュース

 

選手は、自分でリスクを背負うことを決意した。

 

だけど、保身にまみれた監督やコーチは、自分たちでは一切の責任もリスクも背負わずに、雲隠れ。

 

 

これが大人のすることなのか?

 

生きていて恥ずかしくないのか?

 

 

カッコ悪い男はみんな同じです。

 

自分で自分の人生をコントロールしていない。

 

リスクから、責任から逃げまくる。

 

これが、カッコ悪い男です。

 

カッコいい男は、自分で自分の人生をコントロールしている。

 

リスクと責任を背負い、自分が選んだ人生を生きている。

 

これがカッコいい男です。

 

育児って、子供の命を守り育てるという、大きな責任を伴っています。

 

この、人生で最も重要な、人間として最も重要な、この大いなる責任から逃れる男は、カッコ悪い男です。

 

カッコいい男になりたいと思っている父親がいるなら、まずは育児にきちんと関わりましょう。

<

 

 おすすめ記事セレクション!

[口コミ]マグフォーマーの類似品が最高にコスパがいい!磁力も互換性も問題なし!!

【まとめ】おすすめのピクニック & バーベキューグッズ 10選![口コミ][随時更新]

動画配信サービス”比較”は意味が無い!『Amazon Prime & Netflix』が最高な3つの理由!