KIND OF HAPPY DAYS

家族が「なんとなく幸せな日々(Kind of Happy Days)」を送るためのヒントを発信しています。

【産後セックスレス解消】産後の奥さんが怖いのは当たり前。ちゃんと理由がある。

f:id:futagopapa25:20180606122742j:plain

 

奥さんとのセックスレスに悩んでいますか?

 

この【産後セックスレス解消】シリーズでは、産後の妻とのセックスレスに悩む男性向けに、

 

どうやってセックスレスを解消していくかをお伝えしていこうと思います。

 

産後の奥さんって、夫からみたら、今までとは明らかに違う人間になりますよね。

 

「なんで、これやってくれないの?」

 

「なんで、これできないの?」

 

「もういい!キー!」

 

こんな感じになった人も多いですよね。

 

これってちゃんと理由があるんです。

 

女性は産後に、母乳の分泌を促すプロラクチンというホルモンが分泌されます。

 

このホルモンによって母乳が出やすくなるわけですが、このホルモンには副作用があります。

 

人を強気にさせる副作用があるんです。

 

母グマが子グマを守ろうと、牙を剥くイメージに近いですね。

 

産んだばかりの子供を守るために、強気になり、大胆になり、子供の命を脅かすものには、恐るものなく立ち向かえるようになります。

 

子供を守るために、産後の母は怒りやすくなるように設計されているのです。

 

だから、どうしようもないんですよ。

 

そりゃー、怖いわけですよ。。。

 

それに、出産時や授乳の時に分泌されるホルモンであるオキシトシンは、子供を可愛く思えるように設計されています。

 

だけど、これも副作用があり、他者に対して、排他的になる効果もあるんです。

 

子育てに積極的じゃない夫に嫌悪感を抱くのも、このホルモンの影響です。

 

夫の存在が、子供の成長を阻害するジャマモノである認識し、排除しようとするんです。

 

こうやってみてみると、女性の体は産んだ子供を守るために、色々な仕組みが備わっているんだなーってわかりますよね。

 

産後に女性は、怒りっぽくなり、自分勝手になる。

 

それは当たり前なんです。

 

だから、そのまま受けとめるしかないんです。

 

ここを男性が自分の気持ちばかりを考えて、「おれが、おれが」と言っていると、夫婦関係に溝ができ、セックスレスになり、いずれ離婚します。

 

夫婦のセックスレスを解消したいなら、まずは女性の体と心の仕組みについて、正しい理解を持つところから始めましょう。

 

奥さんがめっちゃ怒っていても、ヒステリックになっていても、

 

「これはホルモンのせいだ。仕方ない。」

 

と心の中で念仏のように唱えて、気持ちを落ち着かせるしかないんですよね。

 

とはいえ、ガマンにも限界がありますよね。

 

こっちも仕事でトラぶっていたり、帰りが遅くて疲れていたりすると、そんな仏のような気持ちになれないですからね。

 

僕は仕事は定時で終わらせていましたが、夜泣きがひどくて、子どもをあやしていたら朝の5時だったなんて時が何回もありました。

 

そんな寝不足状態でブラック企業で働いていたら、身が持たなかったでしょうね。

 

帰りが遅い会社の場合は、転職を考えた方がいいですよ。

 

 まだ20代なら、このウズキャリという転職エージェントがおすすめです。

これですね。

 

 

ここは、相談に乗ってくれるエージェントが、相談者と同じ第二新卒なので、同じ立場からアドバイスをもらえますよ。

 

それに、ブラック企業を徹底排除している転職エージェントでもあるんです。

 

 

いざ、入社してみたら、「君、定時で上がれると思ってるの?」みたいなブラック企業って多いですからね。

 

 

入社してみないと分からないこと多いですからね。

 

僕も4回転職してますが、

 

まさか、自分の上司が、定時後に会社のデスクでウィスキーを飲むなんて知らなかったですからね。

 

この記事で書きましたが、僕が以前働いていた会社の上司は、

 

18時の定時の鐘が鳴り終わるや否や、デスクの引き出しからウィスキーのボトルとグラスを出して、デスクでウィスキーを飲み始めるんですよ。

 

まあ、びっくりですよね。

転職エージェントはそんなこと知りようないですからね。

 

でも、ウズキャリには、5,000人以上から集めた独自のブラック企業データベースがあるんです。

 

そのデータを使っているおかげで、ウズキャリを使って転職した人の定着率は93%以上なんです。

 

ここなら、さっさと家に帰れて、ストレスフルな会社を避けて転職することができますね。

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

 

そして、30代以降ならリクナビNEXTがおすすめです。

 

僕もリクナビNEXTを使って転職していますが、エージェントの方が素敵な女性で、すごい親身に話を聞いてくれるんですよ。

 

「それは大変でしたね。一緒に次の転職先を探しましょうね」

 

「どうやって、その心の傷を乗り越えていくか、一緒に考えましょう」

 

とまるで、心理カウンセラーのように話を聞いてくれるんです。

 

僕は、例のウィスキー上司の会社を「使えない」という理由で、入社8ヶ月でクビになり、当時24才でしたが、真っ暗な底の深い井戸に落ちたような気持ちだったのですが、

 

解雇という経験からあなたは多くを学び、人間として成長していきたいという気持ちを持つようになったのですよ。

 

その気持ちを面談で伝えましょう!

 

と、リクナビNEXTの素敵な女性のエージェントに励まされ、無事に転職に成功することができました。

 

転職の成功だけでなく、ウツ気味だった心の病気まで治してもらった気がしています。

 

家事や育児に力を入れたいので、そのサポートに積極的な会社を探していると言えば、きっと、親身になって探してくれるはずです。

 

転職が無事に成功したあとにも、「その後、いかがですか?」という直筆のお手紙まで届きました。

 

こういう心遣いって嬉しいですよね。

 

帰りが遅くて、家庭がおかしくなりそうなら、まず一度、エージェントに相談してみるのはありだと思います。

 

リクナビNEXTの詳細はこちらからどうぞ!