【積立NISAで教育費】つみたてNISAは損をしないのか?積み立てた教育費がなくなる可能性は?

f:id:futagopapa25:20180708140658j:plain

 

お子さんの教育費の積み立て方法で悩んでいますか?

 

僕は、積立NISAで2人の子供(現在、3歳の双子の男の子)の教育費を積み立てています。

 

最初は、他の人と同じように学資保険から始めたのですが、色々な本を読んだり、ファイナンシャルプランナーに相談してみたりしたところ

 

世の中のお金の流れの裏側が見えるようになり、積立NISAが教育費の積み立てに最適だという結論になりました。

 

医療保険、傷害保険、国民年金、それぞれのメリットを生かせば、本当に必要な保険や教育費というものが見えてきます。

 

特に、学資保険というものは、親になったばかりの人間を騙す、ひどい商品だとさえ思っています。

 

あんなもの、全然お金増えないですからね。

保険と考えると高すぎて割に合わないし。

 

学資保険なんて、まったく入る必要ないですよ。

 

この【つみたてNISAで教育費】シリーズでは、積立NISAで子供の教育費を積み立てるメリット、方法などを詳しく説明していこうと思います。

 

今回は、「つみたてNISAは損をしないのか?積み立てた教育費がなくなる可能性は?」についてお話しようと思います。

 

 

 

つみたてNISAは損をしないのか?

f:id:futagopapa25:20180708140919j:plain

 

「【積立NISAで教育費】つみたてNISAで積み立てるとどれくらいお金が増えるか?」という記事で、積み立てた612万円が860万円になるというシミュレーションをしました。

 

つみたてNISAは、金融庁が厳選した投資信託(様々な株や債権がパッケージされた金融商品)を、毎月ちょっとずつ買っていく金融商品です。

 

金融商品ですから、マイナスになる時だってありますが、その時に焦って売らなければ、プラスに転換します。

 

逆に、定期預金は600万円を17年間も預けても、利息は4,000円しかつかないですし、学資保険も、せいぜい30万円くらいしか増えませんし、

 

満期(積み立てた金額が満額もらえる日)よりも早く解約すると、積み立てたお金の6割とか7割しか返ってきません。

 

お金がいつ必要になるかは、その時にならないと分からないですから、自由に自分のお金を動かせない学資保険の方が、損をする可能性が高いと言えます。

 

積立金額が減ることはないのか?

f:id:futagopapa25:20180708141100j:plain

 

これは、実際にシミュレーションをしてみないとですね。

 

過去からさかのぼってシミュレーションをすることはできます。

 

「投資ログ」というブログに、「投資信託たらればシミュレーター」というものがありまして、

 

あの時、あの投資信託を、これくらいの金額で運用していたら、今いくらになっているかを計算できます。

 

例えば、僕が買っている「ひふみプラス」ですが、2012年から毎月3万円積み立てていたら、このような結果になります。

 

f:id:futagopapa25:20180708064406p:plain

出典:投資ログ

 

積み立てた元のお金が216万円で、最終資産は431万円にもなっています。

 

増えたお金は、なんと215万円!

 

6年間でお金が2倍になっています!

 

でも、2008年のリーマンショックのような金融危機が起こったらどうなるでしょう?

 

心配ですよね?

 

でも、この表を見てください。

 

これは、リーマンショックが起こった2008年の直前から投資信託を始めた場合のシミュレーションです。

 

これを見れば分かるように、リーマンショクから5年間は、元々のお金を下回っていますが、わずか5年でプラスになっています!

 

f:id:futagopapa25:20180707162814p:plain

出典:ウェルスナビ

 

そのあとは、うなぎ登りに資産が増えていき、積み立てた合計金額は466万円なのに、最終的には754万円にも増えています。

 

288万円も資産が増えていますね。

 

このシミュレーションでは10年間しか計算していませんが、教育費の積立は、実際には10年以上は積み立てますから、

 

もっと長期で運用ができ、この288万円以上に、資産を増やすこともできるわけです。

 

あの未曾有の金融危機のリーマンショックの時に、資産運用をしていても、最終的にはプラスになると思ったら安心できますよね。

 

ちなみに、このウェルスナビの資産バランス(銘柄)はこちらです。

 

f:id:futagopapa25:20180707163303p:plain

 

積立金額が減る時はどういう時?

f:id:futagopapa25:20180708141159j:plain

 

では、積み立てた金額が減る時って、どういう時でしょう?

 

それは、頻繁に銘柄の買い替えをした場合です。

 

「買った投資信託の値段が下がってきたから心配だ・・」

 

「成績のいい他の銘柄に買い変えよう!」

 

これは、最終的に損をします。

 

なぜなら、あなたが買った投資信託がマイナス評価が続くということは、そのマイナス評価が続いている間は、安くたくさんの投資信託を買っているというわけです。

 

つみたてNISA(投資信託)の積み立てというのは、毎月自分が決めた金額で、その時に買える量の株や債権を買っているんです。

 

株が安ければたくさん変えますし、高ければちょっとしか買えません。

 

だから、マイナス評価になっているということは、その時、実はたくさんの株や債権を安く買えているということなんです。

 

そして、その株や債権の価値が上がった時には、マイナス評価だったときにたくさん買っていた株や債権の価値が上がり、資産が増えるというわけです。

 

そこまで考えずに、下がったから売って、上がりそうなものを買うとやっていては、上がりそうなものや上がっているものは、値段が高いわけですから、ちょっとしか買えません。

 

ですので、評価がもっと上がった時には、値上がりがたいしてしないわけです。

 

評価がマイナスの時ほど、買い時なわけです。

 

それが、個人ではなかなかふんぎりがつかないから、投資信託は、毎月3万円と決めたら、あとは自動購入にして、年に1回とか2回しか、成績を見ないようにした方がいいです。

 

「買ったら忘れる」が一番です。

 

まとめ 

f:id:futagopapa25:20180708141320j:plain

 

ウェルスナビのシミュレーションにあるように、リーマンショックの時につみたてNISAをしていたとしても、我慢強く何年も耐えていれば、プラスに転じます。

 

そして、株や債権の値段が下がっているときに、安く大量に買えますので、あとから値上がりした時に、グッと資産が増えるというわけです。

 

株や債権が値下がりしているときほど、逆にチャンスなんです。

 

だけど、トレーダーでもなんでもない個人が、そんなプレッシャーには勝てませんから、毎月自動で積み立てられる、つみたてNISAが教育費の積み立てにはおすすめというわけです。

 

つみたてNISAを買うなら、銀行の窓口で買ってはいけませんよ。

 

彼らは、金融商品の買い替えによる手数料で儲けていますし、必要のない高額な金融商品を売りつけてきますから。

 

つみたてNISAをやるなら、ネット証券がベストです。

 

SBI証券なら、つみたてNISAの口座開設数が日本一ですので安心です。

 

僕も、SBI証券で口座を作って、つみたてNISAで「ひふみプラス」を毎月買っています。

 

SBI証券で口座を開けば、ここでシミュレーションをした「ウェルスナビ」も扱っていますよ。

 

ただ、ウェルスナビは、つみたてNISAラインナップには入っていませんから、つみたてNISAの上限額である、年間40万円を超える場合にやるのがおすすめです。

 

SBI証券のホームページから簡単に口座申し込みができますが、

 

「ネットで証券口座を開くのはちょっと不安だし、よく分からない。」という方は、SBI証券のグループ会社のネクシィーズトレードという会社が、SBI証券の口座を作るサポートをしてくれますよ。

 

申し込みと資料請求は無料ですので、まずは気軽にどうぞ。

 

今なら、最大10万円プレゼントのキャンペーンもやっていますよ。

 

SBI証券のホームページはこちらです。

>>SBI証券 証券総合口座開設&お取引で最大100,000円プレゼント!

 

ネットで証券会社の口座を開くのはちょっと難しいかなと思ったら、 SBI証券のグループ会社のネクシィーズトレードから申し込みをどうぞ。

 

こちらも資料請求自体は無料でできますよ。

 

ネクシィーズトレードのホームページはこちらです。

>>SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

 

教育費の積立は10年以上やりますからね。

 

長期の積み立てだからこそ、つみたてNISAとは相性がいいんです。

 

教育費の積み立てなら、つみたてNISAがおすすめです!

 

どの投資信託を買ったらいいか迷ったら、この「【積立NISAで教育費】自分の性格に合った投資信託の選び方!」という記事を参考にしてみてください。