「セックスレス=愛がない」というわけではないけど、愛は薄れていく。【産後セックスレス解消】

f:id:futagopapa25:20180710063457j:plain

 

奥さんとの産後のセックスレスって辛いですよね。

 

結婚したばかりの頃は仲が良かったのに、結婚して何年か経つと、恋人から「家族」という意識が強くて、全然そんな気にならなかったり、

 

子どもが生まれてからは、ますます妻は性欲が無くなったようで、全然その気になってくれなかったり、

 

セックスはしたいけど、奥さんとはそんな調子だからできなくて、

 

かと言って、浮気をするわけにもいかないし・・・

 

そんな気持ち、よく分かります。

 

僕もそうでした。

 

また、新婚の頃のような新鮮な気持ちで、奥さんと同じ時間を過ごしたいですよね。

 

実は、結婚後や産後のセックスレスというのは、今の習慣や考え方を少し変えるだけで、解決することができるんです。

 

この【産後セックスレス解消】シリーズでは、どのように習慣や考え方を変えていくか、お伝えしていきますね。

 

夫婦のセックスレスで、毎日悶々とされているなら、この本文を読んで、また再び、出会った頃の気持ちに戻り、心から楽しめる夫婦生活を送れるようにしましょう。

 

今日は、「セックスレスと愛」について、お話ししますね。

 

セックスレスになってしまったから、もう二人に愛はないのかと言ったら、別にそういうわけじゃないんですよね。

 

家族としての愛はもちろんあるし、大切には思っている。

 

だけど、セクシャリティな感情がもたらす、「ときめき」などの感情はないわけです。

 

特に、子供が生まれてからセックスレスになる人は多いです。

 

僕らもそうでした。

 

そこから抜け出すには大変でしたが、考え方をちょっと変えるだけで、抜け出すことはできるようになります。

 

 

 

「セックスレス=愛がない」ではなく、「ときめき」がない

 

セックスレスになったからと言って、相手に愛がないというわけではないんですよね。

 

ただ、相手に対して、異性として「ときめかない」というだけです。

 

出会った頃のような新鮮な気持ちで、夫や奥さんと向き合えなくなるんです。

 

「ときめき」がないと、セックスしたいと思いませんからね。

 

「夫婦だから」セックスをするんじゃないんです。

 

「ときめき」を感じる相手だからセックスをしたいと思うんです。

 

セックスは夫婦の義務でもなんでもないんです。

 

するもしないも自由です。

 

となると、したくなければしなくなるわけです。

 

ときめきがないと性欲は湧かない

 

この「ときめき」がないと、セックスをしたいと思わなくなるんです。

男も女も。

 

出会った頃の二人は、お互いにときめいていたんですよ。

そうですよね?

 

だから、セックスをしたいと思ったんです。

 

お互いによく見られようと努力もしていたはずです。

 

服装や髪型や体型に気をつけていたはず。

 

女性なら、メイクにも今より気を使っていたはずです。

 

でも、結婚して、子供ができて、だんだんと、そういうことに手を抜き出しませんでしたか?

 

「ときめき」というのは、相手に「異性として求められる」ということです。

 

「異性として求められる努力」をしなくなれば、ときめきを感じることもなくなります。

 

産後はときめきが減る最悪のタイミング

 

産後の夫婦って、育児を一緒に頑張る親友というか、戦友というか、そういう間柄になってしまうんです。

 

それはそれで、育児に二人が専念できるからいいんですけど、「男女のときめき」が急激に落ちるタイミングでもあるんです。

 

育児に手間がかかるので、自分のことなんて考えられないし、美容院なんて行けないし、夜泣きがひどくて、朝まであやしていて、毎日睡眠不足。。。

 

そんな毎日では、「異性から求められる努力」なんてする余裕はないですからね。

 

セックスをしないと愛は薄れていく

 

子供が0歳の頃はそれでもいいです。

 

「この子を死なさずに大切に育てる」とい超重要ミッションがありますし、二人ともそのことに夢中ですからね。

 

でも、子供が1歳とか2歳とかになってくると、人によっては、段々と子供に手がかからなくなってきますよね。

 

それなのに、0歳の頃の習慣で、セックスレスのままになってしまって、なんとなくそのままという人が多いんです。

 

子供が小さいうちは、それでも、夫婦二人の共通のミッション(子育て)があるから、心はつながっているかもですが、

 

セックスをしないと、段々と相手への配慮を欠いた言動が増えていくんですよ。

 

思い当たることありませんか?

 

奥さんから邪険に扱われたことが?

 

あれって何かというと、女性はセックスをすると、その相手のことをもっと好きになるという習性があるんです。

 

これは「セックストリガー」と呼ばれるものです。

 

その女性から好かれたかったら、まずはセックスをする必要があるわけです。

 

セックスによって、女性は相手のことをもっと好きになる。

 

ということは、セックスをしなければしないほど、女性の心は離れていくわけです。

 

性欲と愛がイコールとは思っていませんが、少なくとも、「相手を好きになる気持ち」と「セックス」は関係しています。

 

子供が1~2才の頃がレスを抜け出すチャンス

 

子供が1~2歳になれば、セックスレスを抜け出すチャンスです。

 

やっと、夫婦が自分のためにちょっとずつ時間を使えるようになってきますからね。

 

ここで重要なのは、ここで「自分磨き」をしないと、セックスレスから抜け出せないということです。

 

0歳の子供の育児に専念していると、体型は崩れるし、服装もダサくなるし、肌も荒れて、異性とのコミニケーションも下手になっているんですよ。

 

なので、ここが抜け出すチャンスです。

 

ここで、一気に自分を変えないと、ずーっとセックスレスのままになってしまいます。

 

ここがポイントです。

 

まとめ

 

ダイエットをして(白米をやめて玄米に変えて、夕飯に炭水化物を食べないだけで痩せます)、

 

服装に気を使って(体型に合う服を選ぶだけでそれなりに見えます)、

 

化粧水をきちんと使って肌のケアをしましょう。

 

髪型もどういうのが自分に似合うか調べて、こまめに美容院に通うか、セルフカットするようにしましょう。

 

そして、自分の興味のある本を読んで、教養を深めましょう。

 

引き締まった体型、きれいな肌、整った髪型、身体のラインに合う服、教養、

 

そして、育児を経験しているからこその、大人の心の余裕。

 

なかなか全部は難しいですし、僕もまだまだ目指している最中ですが、これらを手に入れられれば、奥さんだけでなく、他の女性からもモテるようになります。

 

そして、モテるようになると、男性ホルモンであるテストステロンが分泌されるようになり、ますますモテるようになります。

 

子供が1~2歳のタイミングがチャンスですが、そこを過ぎても、変わろうと思ったタイミングで変われば間に合うと思います。

 

セックスレスだから愛がないというわけじゃないし、そういう夫婦で仲のいい人たちは多いですが、

 

セックスが充実している夫婦の方が、仲はいいですし、愛は深まっています。

 

せっかくならその方がいいですよね。

 

その他のセックスレス関連の記事はこちらから読めますので、合わせてどうぞ。

>>夫婦関係カテゴリー