【HannaBlockレビュー】マグフォーマー類似品のHannaBlock(ハンナブロック)を買ってみた!

以前、「amazonや楽天で買える”マグフォーマー類似品”おすすめベスト3!!」と言う記事で書いた、

 

マグフォーマーの類似品の、HannaBlock(ハンナブロック)というものを実際に買ってみたので、その感想を書こうと思います。

 

今回買ったのはこれです。

 

 

「マグフォーマーの類似品が最高のクオリティだった!!」という記事でも書いたように、僕はボーネルンドの正規品のマグフォーマーと、その類似品のQuadPro(クアッドプロ)の両方を買っています。

 

うちのもうすぐ4歳になる双子の男の子たちは、正規品と類似品をごちゃ混ぜにして楽しく遊んでいます。

 

結論から言うと、このHannaBlock(ハンナブロック)も、QuadProと同じように、正規品と全く変わらないクオリティでした。

 

値段が5倍もする正規品を買うなら、断然こういう類似品を買った方がいいですね。

 

ただ、注意点などもありますので、そのあたりも今回は書こうと思います。

 

 

HannaBlockの中身は?

 

では、HannaBlockの中身についてみていきましょう。

 

まず、こんな透明BOXに入っています。

 

f:id:futagopapa25:20180715131219j:image

 

ただ、フタの締め方がちょっと子供には大変なので、うちではフタは捨てて、BOXのケースだけを使うことにしました。

 

子供が自分でフタを締められないと怒るんですよね。。。

 

f:id:futagopapa25:20180715131232j:image

 

フタを取ると、取説が入っています。

 

f:id:futagopapa25:20180715131240j:image

 

取説の中身の写真も載せておきますね。

 

不良品があったら、いつでも取り替えてくれるようです。

 

f:id:futagopapa25:20180715133251j:image

 

HannaBlockの特徴である、観覧車の作り方ですね。

あとで書きますが、組み立てにちょっと手こずりました。

 

f:id:futagopapa25:20180715133301j:image

 

f:id:futagopapa25:20180715133310j:image

 

こう言うのが作れるよーというイラストですね。

 

これは、QuadProにもありましたね。

 

だいたい、同じような例が載っています。

 

f:id:futagopapa25:20180715133321j:image

 

f:id:futagopapa25:20180715133331j:image

 

この独特の漢字の使い方、チャイナっぽいですね。

 

おそらく、中国のメーカーが作って、日本の代理店が販売しているんだと思います。

 

f:id:futagopapa25:20180715133343j:image

 

f:id:futagopapa25:20180715133451j:image

 

f:id:futagopapa25:20180715133508j:image

 

f:id:futagopapa25:20180715133517j:image

 

f:id:futagopapa25:20180715133525j:image

 

f:id:futagopapa25:20180715133533j:image

 

注意文は意外にしっかり書いてあります。

 

f:id:futagopapa25:20180715133540j:image

 

次に、取説を取ると、パーツが出てきます。

 

f:id:futagopapa25:20180715131249j:image

 

f:id:futagopapa25:20180715131258j:image

 

こんな数字とアルファベットが書いてあるパーツも入っています。

 

f:id:futagopapa25:20180715133155j:image

 

こういう風に、マグネトパーツにはめ込むのですが、結構力がいるのと、裏からパチッとはめるので、3歳とか4歳だと、まだできないですね。

 

5〜6歳くらいになったら、一人でできるようになると思います。

 

f:id:futagopapa25:20180715133241j:image

  

正規品と何が違う?

 

QuadPro(クアッドプロ)と同じように、このHannaBlock(ハンナブロック)も、正規品のボーネルンドのマグフォーマーと、全く同じクオリティでした。

 

磁力も、パーツのサイズも、同じです。

 

色が違うくらいですね。

 

うちでは、ボーネルンドの正規品、QuadPro(クアッドプロ)HannaBlock(ハンナブロック)の3つをごちゃ混ぜにして遊んでいます。

 

はっきり言って、正規品が高いのは、「ボーネルンド」というブランド力だけだと思います。

 

品質は同じなのに、値段が5倍も違うって、どれだけ利益を取っているのやら・・・

 

実際に子供が遊んでみた感想

 

こんな観覧車が作れるのが、HannaBlock(ハンナブロック)の特徴なのですが、これが作るのが大変で、まだ3〜4歳では、一人で作れません。

 

大人が手伝わないとできないです。

 

注意が必要なのが、この黒い連接棒というパーツです。

 

f:id:futagopapa25:20180715131523j:image

 

このパーツを使って、こういう部品を作るのですが、なかなか組み立てられないんですよ。

 

f:id:futagopapa25:20180715133017j:image

 

何が原因だ?と思ったら、この赤丸をつけた部分の出っ張りが、ちょうどパチッとはまるようになっているのですが、

 

ちょっとこの連接棒が太いので、なかなか入らないんですよ。

 

大人の力でも、結構力を入れてやっと組むことができました。

 

f:id:futagopapa25:20180715133644p:image

 

この丸いタイヤみたいなパーツに連接棒を挿すのですが、なかなか入らない。

 

子供では無理ですね。

 

f:id:futagopapa25:20180715133030j:image

 

観覧車を実際に作ってみました!

 

これも、コツがいるので、3〜4歳児にはちょっと無理です。

 

大人が作るしかないです。

 

f:id:futagopapa25:20180715133143j:image

 

できた!

 

子供が喜んでグルグル回していると、グシャッと簡単に潰れました・・・

 

f:id:futagopapa25:20180715133742j:image

 

そう、作りにくいのに壊れやすいんですよ。

 

これは、優しく遊べる子じゃないとダメですね。

 

いちいち、作り直していたら疲れちゃいますよ。

 

でも、正規品にはないこういうパーツがあるんですよ。

 

f:id:futagopapa25:20180715133123j:image

 

あと、タイヤも2個セットで入っています。

 

これも、正規品とクオリティは変わらないです。

 

この画像の、向かって左のシルバーのタイヤが正規品、右の黒いタイヤがHannaBlockです。

 

サイズは全く同じです。

 

f:id:futagopapa25:20180715133053j:image

 

磁力も同じですので、さっきの先の尖ったパーツを使うことで、こんなモノも作れちゃいます!

 

f:id:futagopapa25:20180715133132j:image

 

うちの子(もうすぐ4歳)は、「シンカリオン!!」と大喜びでした!

 

こんな風に、正規品とHannaBlockのタイヤを使って、おっきな車を作ることもできちゃいます。

 

メリット

 

やはり、クオリティは正規品とほぼ変わらないのに、5分の1の値段で手に入るところですね。

 

それに、正規品にも、QuadPro(クアッドプロ)にもない、細長い三角形のパーツを使って、こんな車を作れることが、うちの子達にはツボだったようで、だいぶ喜んでくれました。

 

f:id:futagopapa25:20180715133132j:image

 

やっぱり、男の子は車が好きですねー。

 

あとは、パーツ数が多いので(126個!)、パーツの奪い合いで、子供たちがケンカしないことですね。

 

正規品しかなかった時は、パーツが足りなくて、しかも車パーツも1セットしかないから、パーツとタイヤパーツの奪い合いで、毎回ケンカになっていました。

 

デメリット

 

観覧車はうちのやんちゃ坊主たちには要らなかったですね・・・

 

すぐにグシャッと壊してしまうので。

 

女の子なら、大切に遊ぶからいいかもですね。

 

男の子なら、タイヤパーツとか、変わったパーツがたくさんある方がいいですね!

 

あと、アルファベットや数字パーツが書かれた四角のプレートがありますが、これも要らなかったですね。

 

これがあるからって、英語ができるようになったり、足し算ができるようになるわけでないし、

 

何より、子供たちが自分たちで工夫して、遊んでいて欲しいのに、親が出ていちいち説明しなきゃいけないですからね。

 

(子供たちが、一人で夢中になって遊んでいる脇で、ソファーに寝転んでゆっくりしたいのに、それができないというのが本音・・・)

 

あと、贈り物には向いていないです。

 

謎の漢字が書かれていて、チャイナっぽい匂いが伝わってしまいますし、この画像のように、ちょっとかすり傷がついていたりしますので。

 

f:id:futagopapa25:20180715133705j:image

 

まとめ

 

贈り物にするなら、ボーネルンドの正規品が間違いないけど、自宅で遊ぶならこういう類似品で十分ですね。

 

孫にあげる程度ならいいと思います。

 

だけど、友達の子供の誕生日にあげるなら、ボーネルンドの正規品にした方がいいです。

 

そして、お友達にあげる時に、「もし、パーツを増やしたくなったら、こういう類似品にした方がいいよ。5分の1の値段で、同じクオリティのものが手に入るから」と教えてあげた方がいいですね。

 

うちもそうでしたが、パーツを増やしたくても、正規品は高いから手が出しずらいんですよね。

 

パーツを足したり、もしくは、自宅用に最初に買うなら、類似品にした方がいいです。

 

マグフォーマーの類似品は、このHannaBlockの他に、Kingstarと、QuadProというブランドがあります。

 

「amazonや楽天で買える”マグフォーマー類似品”おすすめベスト3!!」という記事にまとめましたので、ご興味がある方は読んでみてください。

 

自分に合った商品を選べると思います。

 

車が好きな子なら、「amazonや楽天で買える”マグフォーマー類似品”おすすめベスト3!!」でも紹介した、Kingstar(キングスター)がいいかもしれないですね。

 

Kingstarなら、147ピースも入って、タイヤが2セットついているんです。

 

これがそうです。

 

 

今回、僕が買ったマグフォーマーの類似品は、このHannaBlockというものです。

 

 

女の子の子供のために、自宅で遊ぶようで買うなら、このHannaBlockがいいと思います。

 

間違っても、ボーネルンドの正規品を自宅用に買っちゃダメですよ。

 

品質は同じで、使っている特許も同じなのに、値段が5倍もしますから。

 

 

おすすめ人気記事セレクション!

amaozonや楽天で買える”マグフォーマー類似品”ベスト3!!

壁にポスターなどを貼れるコクヨの「ひっつき虫」は子供のお絵かきを貼るのにベスト!!

【まとめ】おすすめのピクニック & バーベキューグッズ 10選![口コミ][随時更新]

動画配信サービス”比較”は意味が無い!『Amazon Prime & Netflix』が最高な3つの理由!