妻の気持ちがわからない?妻の気持ちを確かめるたったひとつの方法!

f:id:futagopapa25:20180830070128p:plain

 

大好きで結婚したはずの奥さんの気持ちが分からなくなってしまうと辛いですよね。

 

何を言っても反応が薄かったり

 

何を言っても怒られたり

 

ちょっとした一言で不機嫌になってしまったり

 

「え?なんで怒ってるの?」

 

って思ってしまうことってしょっちゅうですよね。

 

そうなると、奥さんが何を考えているのか、分からなくなるんですよね。

 

僕もそうでした。

 

妻がなんで怒っているのか?

 

そして、自分がいったいどうすればいいのか、さっぱり分からなかったんです。

 

でも、実は奥さんの気持ちが分かるようになるには、たった一つのことをすればいいだけなんです。

 

「奥さんが何を考えているか分からない・・・」

 

と、悩んでいる方は、本文を読んで、今日から奥さんとの距離を縮めて、幸せな夫婦生活を送りましょう!

 

 

 

週に一度は妻の気持ちの変化を確かめる

 

「奥さんが何を考えているか分からない」

 

「妻の気持ちが分からない」

 

これをどうやって解決させるかですが、実は解決方法はシンプルです。

 

奥さんと二人っきりの会話の時間を週に一回は持つ

 

これです。

 

奥さんと1時間くらいの連続した会話の時間を取るんです。

 

奥さんのことは、なんでもだいたい分かっているとあなたは思っていますよね?

 

でも、それは子どもが生まれる前までの話なんです。

 

 

「産後の妻がなぜセックスを拒むのか?その原因と解決方法」という記事でも書いたように

 

子どもが生まれると、女性はホルモンバランスが変わって

 

怒りやすくなったり

 

性欲がなくなったり

 

育児に協力的じゃない夫に敵意を持つようになったりと

 

めちゃくちゃ変わってしまうんです。

 

参考記事:「産後の妻がなぜセックスを拒むのか?その原因と解決方法」

 

子どもが生まれたら、もう奥さんは、あなたが知っている女性ではなくなってしまうんです。

 

もう、顔つきからして変わっちゃいますからね。

 

それから、子どもが生まれてからの、怒涛の育児と家事の生活に翻弄されて、どんどん奥さんは変化しているんです。

 

でも、その変化って、夫婦のコミュニケーションの時間がないと分からないんですよ。気づけないんですよ。

 

あなたは昼間は仕事をしていて、夜に帰ってきますよね?

 

夜に家に帰ってから、奥さんと会話の時間を30~1時間くらい取れていますか?

 

だいたいの過程は取れていないと思います。

 

会話をすると、どれだけ奥さんが変わっているのかが分かるようになりますよ。

 

こんなことを考えていたのか?

 

あの時、こんなことを思っていたのか?

 

普段は子どもにジャマされて、二人だけの会話の時間がたいしてないですから、じっくり二人で話さないと、相手が何を考えているのか、分からなくなってくるんですよね。

 

ましてや、奥さんはあなたよりもずっと子育てに関わっている時間が長いですから、余計ストレスをたまるし、言いたいこともどんどん増えているんです。

 

それなのに、あなたとの会話の時間が取れないと、どんどんそのストレスがたまっていくんです。

 

だから、週に最低1時間は、連続した会話の時間を取るようにすると、奥さんが何を感がているか分かるようになりますよ。

 

うちは、もうすぐ4歳になる男の子の双子がいます。

 

それから、12月に3人目が生まれるので、奥さんは夜は早めに寝てしまいます。

 

だから、土曜日の双子が習い事をしている時間に、夫婦二人でランチを食べるようにしています。

 

パスタを食べに行ったり、

 

f:id:futagopapa25:20180830062259j:plain

 

街の美味しいラーメン屋さんに行ったり、

 

f:id:futagopapa25:20180830062320j:plain

 

気になっていた中華料理屋さんに行ったり、

 

f:id:futagopapa25:20180830062345j:plain

 

たまには、子どもを保育園に預けて、僕ら二人は有給を取って、雑貨屋巡りをして、美味しいハンバーガー屋さんに行ったり、

 

f:id:futagopapa25:20180830065137j:plain

 

ご飯を一緒に食べながらいろんな話をします。

 

その時に、妻の気持ちがどうなっているのか?何を考えているのか?ということを初めて知れます。

 

普段から一緒に生活にしているので、物理的な距離は近いんですが、子どもが家にいると全然話せないし、夫婦二人で会話をしようとすると、子どもたちがめちゃめちゃジャマしてくるんですよね。

 

だから、こういうタイミングじゃないと、二人で落ち着いて会話ができないんです。

 

奥さんが妊娠中でないなら、「育児部のすすめ」という記事でも書いたような、子どもを先に寝かせて、夫婦二人だけでお酒でも飲みながら、会話をする時間を作るというのをおすすめします。

 

参考記事:「育児部のすすめ」

 

僕らも、妻が3人目を妊娠するまでは、これを週に何回かやっていて、お互いに何を考えているのか、分かるようになってすごい良かったです。

 

 

その学びを翌週に生かす

 

奥さんが何を考えているか?何に悩んでいるかが分かったら、その学びを翌週から生かしていきます。

 

これを本当はやって欲しかった。

 

こういうことはやらないで欲しい。

 

これをやると喜ばれそうだな。

 

そういう学びを翌週の行動にフィードバックするんです。

 

学び→行動をぐるぐる回していけば、奥さんの気持ちが分かるようになりますし、ケンカも減るようになりますよ。

 

妻の気持ちは日々変わっていく

 

家事に育児に大忙しで、子どもがどんどん大きくなっていく。

 

そうなると、奥さんの気持ちもどんどん変わっていくんです。

 

悩みの内容も変わってくるし、やって欲しいことも変わっていきます。

 

その変化の兆しに気づかないと、旦那っていてもいなくてもいい存在になっちゃうんですよね。

 

むしろ、ジャマになるからいない方がいいって思われちゃうんです。

 

でも!

 

あなたが、毎日の奥さんの心の変化に敏感になり、やって欲しいことをしてあげたりなど、奥さんの気持ちに沿うように行動をしていくと、

 

あなたの奥さんは、あなたと一緒に生活がしたい

 

と、思うようになるんです。

 

妻の心の変化に気づき、その変化に対応した生活をしていけば、自然とあなたは奥さんから求められる存在になっていきます。

 

解決策を提示する必要はない

 

奥さんとの二人の時間の時に、奥さんが悩みを話すことがあります。

 

その時は、絶対に解決策を提示しちゃダメですよ。

 

奥さんはただ共感して欲しいだけなんですから。

 

「こうすればいい」

 

「ああすればいい」

 

なんて、小利口なことを言ってしまったら、奥さんは怒っちゃいますから。

 

男と男の会話では、解決策を提示するのが当然ですが、女性は全然違いますから。

 

ただ、話を黙って聞いてくれればそれでいいんです。

 

「それは大変だね。」

 

と、奥さんの心に寄り添うだけでいいんです。

 

旦那は共感ができない使えないバイトだと思うこと

 

それから、あなたは自分が「共感のできない使えないバイト」だということを自覚して、それを奥さんにも知ってもらった方がいいです。

 

「夫に期待しないと夫婦関係はもっと楽になる」という記事にも書きましたが、男はどうしても女性と違って共感性が少ないので、女性と女性の呼吸のような自然な共感ができないんですよね。

 

参考記事:「夫に期待しないと夫婦関係はもっと楽になる」

 

「言われなくても分かると思っていた」

 

こんなこと、僕も何度も何度も言われました。

 

こんなこと言われれば腹が立ちますよね。

 

でもね、どうしようもないんです。

 

男はまた同じことをするんですよ。

 

これは男女の違いだからどうにもできないです。

 

なら、認めるしかないんです。

 

「僕は、あなたたち女性よりも共感する力が弱いので、言ってくれないと分からない」

 

ということを。

 

自分もそれを認めて、奥さんにも分かってもらえれば、だいぶ夫婦関係は楽になれますよ。

 

まとめますと、

 

週に1時間は夫婦二人だけの会話の時間を作る

 

その学びを翌週に生かして、妻の気持ちに寄り添うように行動する

 

妻の気持ちは日々変化していくことを知る

 

自分が使えないバイトだということを認め、奥さんにも分かってもらう

 

ですね。

 

ぜひ、試してみてください。

 

僕は、これのおかげで妻が何を考えていて、何に悩んでいるか、やっと分かるようになりました。

 

二人だけの会話の時間を作るって、当たり前のことだけど、意識しないとできないので、ぜひ、二人だけの時間を作るように、普段の行動を調整してください。

 

きっと、変化があると思います。