ネット証券で投信を買った人の6~7割が利益が出ている!

f:id:futagopapa25:20180831060359p:plain

 

積立NISAや投資信託って、損をしないのか?利益は出るのか?ってすごく気になりますよね。

 

投資信託を購入している人の何割が利益が出ているのか?

 

を、ネット証券大手のSBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、マネックス証券がそれぞれ発表したところ

 

なんと、63.8%の人間がプラスの成績だったことがわかりました。

 

でも、これは「現時点で」投資信託を持っている人の割合なんですよ。

 

過去に売却した人の利益も計算すると、SBI証券では71.1%のユーザーがプラスの成績になっているとのこと!

 

結構、多いですねー。

 

僕もSBI証券で積立NIASを買っています。

 

4社は共通KPIのうち3月末時点の運用損益別顧客比率(4社合算分)を共同で発表した。4社で保有する投信の評価損益がプラスだった顧客数は全体の63.8%だった。対象は3月末時点で顧客が保有している投信に限られ、それまでに全売却して利益を確保したり損失が出たりした場合は含まれない。

SBI証券の共通KPIを見ると、3月末時点で投信を保有する顧客の64.7%で運用損益がプラスだった。独自に公表した過去の償還・全売却分を含むトータルの運用損益(評価損益と実現損益の合計)は71.1%の顧客がプラスとなり、共通KPIベースを上回った。

金融庁が金融機関に公表を求めている共通KPIは、調査時点で投信を保有している顧客だけが対象。過去に投信をすべて売却するなどして損益を出した顧客の分が含まれないため、全体像を正確に把握しにくいとの指摘があった。

楽天証券の共通KPIは、3月末時点で投信を保有する顧客で運用損益がプラスだったのは62.9%。独自に公表した「楽ラップ」に絞った運用損益はプラスが53.9%だった。

マネックス証券の共通KPIを見ると、運用損益がプラスの顧客は64.2%、カブドットコム証券は62.0%だった。

 

積立NISAって、お金が増えるの?減ることないの?

 

と悩んでいる人には、いい判断材料になりそうですね。

 

関連記事:子供の教育費の積立には「つみたて(積立)NISA」の投資信託がおすすめ!!

 

SBI証券で無料の口座登録資料を取り寄せる

 

ちなみにSBI証券で口座を作るときに、電話サポートなどを無料でやってくれる会社があります。

 

ネクシィーズトレードという会社でSBI証券の資本が入った会社ですね。

 

初めての証券口座作りって難しい!と感じるなら、こういうサービスを使うのもありですね。

 

無料ですしね。

 

ネクシィーズトレードに無料の資料請求をする