なぜ結婚すると3〜4年で愛情が冷めるのか?

f:id:futagopapa25:20180907125212p:plain

 

結婚して3〜4年で経つと、だんだんと相手への気持ちが変わってきませんか?

 

恋をしていた気持ちがドキドキ感が少しづつなくなっていき

 

いつのにまにか、異性というより「家族」として見るようになっていませんか?

 

しかも、子供が生まれると夫婦2人の時間はなくなるから、ますます「男して」「女として」見れなくなっていきますよね。

 

そうなると、だんだんとセックスレスになっていき、夫婦関係が冷え切ってしまいます。

 

でも、ちょっとした知識と行動があれば、これは解決させることができるんです。

 

夫婦間の愛情が冷めてしまって悩んでいる方は、ぜひ本文を読んで夫婦関係を暖めてください。

 

きっとあなたにもできます。

 

 

 

 

結婚は気の迷い?

 

10代後半から男性はテストステロンという男性ホルモンがバンバン分泌されます。

 

このテストステロンの影響で、男は10代後半から20代後半までは発情期状態になります。

 

やたら性欲が高まるので、1人の女性に固執して結婚したがります。

 

「なぜ、妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか?」という本からの抜粋ですが、なるほどなーと思いますね。

 

確かに10代の頃なんて、好きな子ができたらずっーとその子のことばかり考えていましたからね。

 

中学生の時なんて、ある女の子が気になりすぎて、ご飯が食べられなくなって、体重が10キロも減ったことがありましたよ。

 

20代後半になったらさすがに落ち着いてきますけど、まだまだテストステロンは多目に分泌されているので、その勢いで結婚してしまうわけですね。

 

 

恋愛ホルモン(PEA)があなたを恋に落とす

 

人間は恋に落ちると、脳内で「PEA(フェニルエチルアミン)という物質が大量に分泌されるのですが、

 

それは別名「恋愛ホルモン」「天然の惚れ薬」と呼ばれ、脳内で大量にPEAが分泌されると、相手のことが好きで好きでいてもたってもいられなくなり、恋に溺れる盲目状態になってしまいます。

 

そして、PEAが分泌されるとドーパミンも分泌されるようになります。

 

ドーパミンが分泌されると、めちゃめちゃ幸せな気持ちを感じるようになります。

 

これが恋に落ちるメカニズムですね。

 

恋愛ホルモンドーパミンの分泌は3〜4年しか続かない

 

だけど!

 

残念なことに、PEAやドーパミンは同じ相手に分泌し続けられる期間は、3~4年なんです。

 

それ以降はゆっくりと減少していきます。

 

結婚して3~4年経つと、恋の魔法が溶けて、相手の悪いところが目に入ってくるわけですね・・・

 

子どもができると、女性はテストステロンというホルモンが大量に分泌されて、子どもをかわいいと思えるようになるんですが、その副作用で育児の障害になるものに対して攻撃的になるんです。

 

それから、母乳の分泌を促すプロラクチンというホルモンも分泌されて、これは性欲がなくなる副作用があります。

 

関連記事:妻の「面倒くさいからしたくない」の本当の理由と解決方法!

 

ということは、恋の魔法は溶けて、攻撃的になって、性欲もなくなるわけだから、女性はますます愛情が冷めていくわけですね。

 

これは、自然の摂理だから、どうしようもないですね。

 

いつまでもパートナーをドキドキさせるには?

 

とは言え、「男であること」「女であること」を諦めると、「おっさん化」「おばさん化」が待っています。

 

あなたの近くにもいません?

 

30代とか40代で、すごい太っていたり、肌やメイクに気を使っていなかったりする人が。

 

誰もがなにもしないとああなってしまうんです。

 

そして、そういう家庭はだいたいセックスレスです。

 

パートナーをいつまでもドキドキさせるために頑張ることは、自分自身の気持ちを若々しく保つことにもつながります。

 

相手のためにも、自分のためにもなるんですから、やっておいた方がいいです。

 

外見と中身に気を配る

 

まず、外見ですが、男性なら

 

服装と髪型と体型

 

この三つを気をつけるだけでだいぶ変わります。

 

服装はZOZOのオリジナルブランドがおすすめです。

 

ZOZOスーツで自分の体型を計測し、自分に合った服を変えます。

 

洋服は自分のサイズにぴったり合ったものが一番似合うんですよ。

 

僕はもうZOZO以外では服を買わないと思います。

 

それくらい、ぴったりの服というのは気持ちが良かったです。

 

ZOZOのサイト:ZOZOスーツについて

 

体型は白い炭水化物(白米、白いパン)をやめて、茶色い炭水化物(玄米、全粒粉パン)に変えるだけでだいぶ変わりますよ。

 

100%玄米が嫌だったら、うちもそうですけど、白米と玄米を半分づついれて炊いても、普通においしいですよ。

 

もうすぐ4歳になる子どもも食べてくれます。

 

「なんで茶色いのー?」

 

と最初は怪しまれましたが、いまでは普通に食べています。

 

髪型は毎月美容院に行くか、僕はその時間が惜しいので、毎月自分で切るようにしています。

 

パンツ一丁で、洗面所でバリカンとスキバサミと手鏡を持って、チョキチョキ切っています。

 

はじめはめちゃくちゃ失敗しましたけど、何回もやれば慣れてきますし、人の髪型なんて、たいしてみんな見てないですから。

 

いつまでも変わり続けること

 

中身に気を配るの話ですが、僕はいつまでもパートナーをドキドキさせるために必要なことは「変わり続けること」だと思っています。

 

関連記事:子供が二人いても、いまだに僕が妻にドキドキする理由。

 

 いつまでも中身が変わらない、いつまでも成長しない人ってつまらないんですよ。

 

飽きるんですよ。

 

いつまでも新しいことに興味を持って、チャレンジを続けていたり、生活の中で困ったことがあれば、それをどんどん改善していったり

 

どんどん変わっていく人って魅力的なんですよね。

 

新しい知識を得るのにおすすめなのがこれです。

 

■HONZ

本大好きな人間がいろいろな本をおすすめしまくっているサイトです。

ここで出会った本でハズレはいままでないですね。

>>HONZホームページ

 

■TED

これは、好奇心を刺激されまくる動画であふれかえっています。

15分程度のスピーチなんですが、色々な業界の人間が自分の気づきをシェアしている動画が集まっています。

英語ですが、日本語の字幕があるものもあります。

>>TED日本語サイト

>>TED公式サイト

 

■ネットフリックス

質のいいドキュメンタリーがすごい集まっています。

「ぼくらを作ったおもちゃたち」という番組が個人的には大好きです。

>>ネットフリックスのサイト

 

こういうのを見ていると、なにか新しいことをやってみたくなりますよ?

 

特にTEDはおすすめなので、ぜひ気になった動画をみてください。

 

それから、ずっとやりたかったこととか、できないと思っていることもやってみませんか?

 

やりたいことをやるあなたの姿は、きっとパートナーにも刺激になると思います。

 

パートナーに迷惑をかけない前提ですが、方法はきっとあるはずです。

 

できないと思い込んでいないで、変わり続ける勇気を持ちましょう。