育児

子どもがいるぼくらがやるべきたった2つの予防医療!

うちには4歳になった双子の男の子と、来月にはもう1人の男の子が生まれてきます。

 

大切な子どもには、大きな病気にかかって欲しくないですよね。

 

それから、子どもたちのためにも、ぼくら親は長生きしたいですよね。

 

糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、胃がん

 

実は、これらの病気は、普通に生活していると簡単になってしまう可能性が高いんです。

 

でも、ちょっとした予防医療をするだけで、防ぐこともできるんです。

 

今回は、子どもたちのためにも、ぼくら親がやるべき予防医療について書きたいと思います。

大人の80%が歯周病!

 

歯周病って聞いたことありますよね?

 

歯ブラシや歯磨き粉のCMでよく聞きますよね。

 

実はちゃんと歯磨きをしていても、大人の80%は歯周病なんです。

 

あなたもそうかもしれません。

 

隠れ歯周病ですね。

 

歯周病は自覚症状がないので、自分ではぜんぜん分からないんですよ。

 

でも、この歯周病を放っておくと恐ろしいことになります…

 

歯周病から様々な病気になる

 

歯周病は何かと言うと、歯と歯茎の間にばい菌がたまって

 

それがたくさんたまると、歯石という石みたいに硬いものになります。

 

その歯石はばい菌のかたまりなので、菌を撒き散らしているんです。

 

そして、歯茎の毛細血管から全身に歯周病菌が流れて

 

糖尿病や脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。

 

たかが歯周病って、ぼくも思ってましたが、こんな怖い病気の原因になるって恐ろしいですよね?

 

歯のクリーニングは3ヶ月ごとに!

 

歯磨きを一生懸命やっても、歯石は歯と歯の間のできたポケットという隙間にたまるので

 

歯ブラシではかきだすことができません。

 

なので、歯医者に行って、細い針のような器具でかきだすことになります。

 

ぼくも、自分が歯周病だなんて、思ってなかったんですよ。

 

歯茎から血が出てる実感なんてなかったし

 

だけど、親知らずの生え方が悪くて歯石がたまってるのは知ってるので

 

歯医者でクリーニングをしたんですが、まー、びっくりですよ。

 

ここまで汚れているのか!

 

と写真を見てびっくりですよ!

 

歯周病チェックをしたら、歯肉炎という歯周病の第一段階になっていて

 

しかも、ほとんどの歯が歯肉炎でびっくり!

 

歯茎を針でちょいちょいって押して、血が出るかチェックするんですが、チェック後にうがいをしたら、血が見事に出ましたねー…

 

クリーニングをしてもらったんですが、すごいですよ。

 

歯科衛生士による歯のクリーニングって。

 

クリーニングが終わると、歯と歯の間に隙間があることを、ものすごい実感がしますよ。

 

ものすごいキレイになって、めちゃめちゃ気持ちいいです!

 

「歯のクリーニングの費用は?保険は?効果は?実際に行ってきた!」という記事に、実際にぼくが経験した歯のクリーニングについて書いていますので、参考にしてください。

>>「歯のクリーニングの費用は?保険は?効果は?実際に行ってきた!」

 

歯のクリーニングは3ヶ月に一回を歯医者は推奨しているんですが

 

ぼくの場合、歯石が多かったので、1ヶ月後にまた行くことになりました。

 

一度も行ったことのない人は、自分が知らないだけで、歯がヤバいことになってますよ。

 

虫歯になってなくても、クリーニングのために歯医者に行くことを強くオススメします。

 

口臭もなくなるし。

 

実費は、初回は3,000円くらいで、2回目から1,600円くらいでした。

 

井戸水を飲むとピロリ菌に感染

 

ピロリ菌って聞いたことあります?

 

胃の中にいる菌なんですが、あれって井戸水を飲むと感染するんですよ。

 

ぼくの実家は井戸水だったのて、ぼくは赤子の頃からピロリ菌入りの水を飲んでいたわけです。

 

なので、「パパならピロリ菌検査は絶対に受けないとダメな理由!」という記事にも書いたように、見事に感染していましたね…

>>「パパならピロリ菌検査は絶対に受けないとダメな理由!」

 

昔の日本人はほぼほば井戸水を使っていたので、80〜90%の日本人はピロリ菌を持っていました。

 

胃がん患者の98%はピロリ菌

 

そして、恐ろしいのはピロリ菌があると、胃がんになる確率がめちゃめちゃ上がるんですよ。

 

なんと、胃がん患者の98%はピロリ菌に感染していることが分かっています。

 

逆に言うと、ピロリ菌がなければ胃がんにはならないわけです。

 

ピロリ菌は簡単にあなたの子どもに感染する

 

そして、あなたがピロリ菌に感染している場合、簡単にあなたの子どもに感染します。

 

口移しで食べ物あげたり、自分が使った箸で子どもにご飯をあげたり、キスをするだけで感染します。

 

子どもにピロリ菌が感染すると、大きくなってから胃がんになる可能性がめちゃめちゃ上がります。

 

ピロリ菌は簡単に除菌できる

 

自分の子どもに簡単に移ってしまうので、子どもがいる親は、すぐに病院に行って検査を受けた方がいいです。

 

簡単に自宅でできる検査キットもありますよ。

 

 

検査をして、ピロリ菌がいることが分かれば、薬を飲むだけで、簡単に除菌できます。

 

妊婦さんは、除菌するかどうか病院で相談した方がいいですね。

 

子どもがもう生まれているなら、迷わず検査した方がいいし、妊活中の人も今のうちに検査をした方がいいですよ。

 

生まれた子どもにキスできないとか、辛すぎますからね。

 

子どものピロリ菌の除菌はいつから?

 

15歳以上になれば、ピロリ菌の除菌はできます。

 

佐賀県では、中学生を対象に、ピロリ菌検査と除菌を県がお金を出してやっています。

 

f:id:futagopapa25:20181018061333j:image

 

この記事ですね。

胃がん予防へ、中学生にピロリ菌除菌:朝日新聞デジタル

 

逆に言うと、15歳になるまで除菌ができないので、他の人への感染がし放題というわけですね。

 

だから、親であるあなたが、子どもに感染しないように、すぐに検査と除菌をしないとまずいんです。

 

まとめ

 

歯周病はよく聞く単語だけど、こんなに深刻な病気につながってるなんて、ぼくは最近まで知りませんでした。

 

せいぜい虫歯になるくらいでしょ?

 

みたいに思ってましたが、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞の原因になるなんて怖すぎですね…

 

それから、ピロリ菌はあまり聞かない言葉ですけど、実は世の中には感染してるひとがめちゃくちゃいるんですよね。

 

50歳以上の80%は感染してるそうです。

 

だから、おばあちゃんおじいちゃんも除菌した方がいいですね。

 

それから、歳をとればとるほど除菌の効果が薄くなるので

 

100%除菌できる40代までに、除菌をした方がいいです。

 

あなたに子どもがいるなら、子どものためにも、歯周病予防ととピロリ菌除菌はすぐにやった方がいいですよ。

 

もっと、詳しく知りたい人には、この本がおすすめです。

 

ぼくも、この本を読んで、歯のクリーニングと、ピロリ菌の検査をすることを決めました。

 

 

関連記事

歯のクリーニングの費用は?保険は?効果は?実際に行ってきた!

歯科衛生士おすすめの子ども用歯磨き粉チェックアップ!