育児

「低所得者に肥満が多い」というのは教養の問題。

この本を読んでから、食べるおやつに気をつけるようになりました。

 

 医者が教える食事術 最強の教科書

20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

 

内容を簡単に言うと

 

糖質が太る原因なんだから、糖質に気をつけようね。

 

脂肪とか塩分とかにも気をつけなきゃだけど、まずは糖質に気をつけようね。

 

ポテチとか悪魔の食べ物だよ?

チョコはカカオより砂糖だらけだよ?

 

パスタとか炭水化物摂るなら、オリーブオイルと一緒に食べた方が太りにくいよ。

 

お菓子食べたいなら、カカオ含有量の高いチョコとナッツがおすすめだよ。

 

ビールは太るけど、白ワインは痩せるよ。

 

赤ワインは抗酸化作用があって健康にいいよ。

 

ってな感じです。

 

こんな感じの情報を医学的な裏付けをもとに紹介しています。

 

裏付けは簡単に言うとこの2つです。

 

・糖質が体内で脂肪に変わるので、糖質は太る。

 

・油を摂取してもほとんど体内に排出されるから、糖質の方が太りやすいよ。

 

赤ワインがポリフェノールたっぷりで健康にいいとか、オリーブオイルは身体にいい油だとか、かなり昔から言われてますよね。

 

それがなぜ身体にいいのかを詳しく説明しているので、食事に気をつけようと思うようになりました。

 

今までは、そんなものただの流行りでしょ?

 

気取ってワイン飲むときの言い訳が欲しいだけでしょ?

 

オリーブオイルなんて、カッコつけて料理したいやつがなんとなく使ってるだけでしょ?

 

とか、かなり斜めに見ていたのですが考えが変わりました。

 

まー、この本の内容が全て正しいかどうかは分からないので、他の健康本と読み比べは必要ですが、とりあえず、会社で食べるおやつはナッツとカカオ70%のチョコに変えました。

 

それを15時から17時くらいのお腹が空くタイミングで食べています。

(空腹になりすぎると摂取した栄養を脂肪として貯め込もうとする飢餓遺伝子にスイッチが入るので、ちょこちょこ食べがいいらしい)

 

そして、炭水化物を摂る時はオリーブオイルをかけるようにしました。

 

いまのところ、大きな変化はないですが、なんとなく気分がいいです。

 

ナッツも最初は美味しくなくて、お腹いっぱいにならなかったのですが、食べているうちにこれはこれで美味しく感じるようになりました。

 

でも、何も考えずにフラっとコンビニでお菓子を買うと、ポテチとか普通のチョコとかを気がついたら買ってるんですよね。

 

本当に、コンビニを出るときに「あっ!しまった!」みたいな感じで無意識で買ってしまいました。

 

なぜなら、そういうお菓子って安いんですよね。

 

そして美味しいんですよね。

 

なんで、ジャンクなお菓子が美味しいかっていうと、「至福点」という人が美味しいと感じる、砂糖と塩と油の絶妙なバランスでお菓子を作っているからなんです。

 

大手お菓子メーカーは、この至福点に基づいてお菓子を作ります。

 

ひとの健康のためじゃないです。

 

その砂糖と塩と油の配合率だと売れるからなんです。

 

ちなみにソフトドリンクもこの至福点に基づいて作られているそうです。

 

この本が詳しいです。

 

 

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

 

 

 

いくつもの有名食品メーカーの人間にインタビューをして作られたドキュメンタリーです。

 

結構ボリュームがあるので読むのに時間がかかりますが、知っていると知らないとでは、自分だけでなく子供の健康にも影響しますので、ぜひ読んだ方がいいです。

 

「 安くて美味しいお菓子は不健康になる」ということが嫌というほど理解できます。

 

そして、この知識の差が健康の差に繋がっていきます。

 

よく「低所得者に肥満が多い」と言いますが、高い食品を買えないので「安くて美味しい不健康なお菓子」を食べて肥満になるのです。

 

そして、新しい知識や、教養を身につけようとしないから収入が増えず、健康的な生活をいつまで経っても送れない。

 

健康でないなら仕事も満足にできず、収入があがりません。

 

そして、親の経済力は子供に引き継がれる傾向にあります。

 

簡単に言えば、金持ちな親の子供は独立しても金持ちになり、貧乏な親の子供は独立しても貧乏になる傾向にあるということです。

(全てがそうというわけでなく、そういう傾向にあるということです)

 

この背景には、

 

積極的に知識を身につけよう、教養を身につけよう、その知識を生活に取り入れ、自らが望む幸せを実現しよう

 

という親の姿を子供に見せているかという点も重要だと思います。

 

物事を与えられたままに受け入れるのではなく、もっと良くしよう、望んで行動に移せば物事は変わっていく、人生は変えることができるという事実を、子供が理解することが大事なのだと思うのです。

 

 

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!