育児

子供と一緒に楽しもうという気持ちを持った親はあまり子供を怒らない

うちの街には大きな公園が2つあります。

 

片方の公園には遊具がないのですが、その代わりに木登りできたり、ボール遊びができたり、スケボーやブレイブボードやストライダーがやり放題です。

 

バーベキューもできて、テントも好きに張れるので、みんなが思い思いの時間を過ごしています。

 

仮に「なんもなし公園」と呼びます。

 

もう1つの公園はスケボー、ブレイブボード、ボール遊びが禁止です。

 

ですが、滑り台やジャングルジムや砂場があります。

 

仮にこっちの公園を「遊具いっぱい公園」と呼びます。

 

でですね、この遊具いっぱい公園にいる親は子供をしかってばっかりです。

 

スマホをいじったりしていて、子供のことをあまり見ていない親も多いです。

 

滑り台やら砂場やらあるので、子供が時間を潰すには問題ないですが、親の態度が悪い人間が多いので、かなり居心地が悪いです。

 

一方で、なんもなし公園は大人が子供に混じって楽しんでいます。

 

スケボーをやったり、子供とブレイブボードをしたり、テントの中でゆっくりしたり、バーベキューを友人たちと楽しんでいたり、子供とキャッチボールをしたり、などなど。。

 

子供よりも楽しんでいる大人がいっぱいいます。

 

このなんもなし公園の方が居心地が良いです。

 

何でこんなに違うんだろうなーと思っていたのですが、なんもなし公園にいる大人の方が「自ら楽しんでいる」ですよね。

 

そこが大きな違いかなと思います。

 

遊具いっぱい公園は、下手に遊具がいっぱいあるので、子供達が勝手に遊んでくれるんですよね。

 

そして、子供達を勝手に遊ばせて、自分は楽ができると思い込んでるんでしょうね。

 

だけど、

 

すぐ飽きるんですよね、子供って。

 

そんなに何十分も滑り台したり、砂遊びしたりなんてしませんから。

 

しかも親が子供に無関心だと、余計かまって欲しくなります。

 

でもその子達の親は、ベンチに座って子供を叱ったりスマホをずっーといじったり。

 

自分が楽したいだけなんでしょうね。

 

楽をしたいなら、子供と一緒に遊ぶのが一番です。

 

一緒に楽しく遊べば子供も親も飽きませんから。

 

子供って楽しいとずっーと遊んでますから。

ずっーと走り回ってますから。

あんなにだっこだっこ言っていたのに。

 

自らの人生を楽しもうしない人間は、問題が起こっても自ら改善しようとしません。

 

誰かが直してくれると思っているんです。

 

自分の人生の舵取りを他人に委ねちゃってるんです。

 

そんなんでは子供は精神的に成長しないですし、親も人間として成長しません。

 

自らの人生を楽しみましょう。

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!