作らないとめちゃめちゃ損をする楽天カードまとめ!
育児

色彩感感を自然に学べる絵本「6つの色」

この絵本もうちの双子(3歳半)は大好きで、たぶん3歳になったばかりくらいの頃に買った気がします。

 

 

絵本を読むとなると、毎回この絵本も読んでと言われるくらい子供達のお気に入りの絵本です。

 

お話はへびが赤や青の玉を飲み込んで、お腹の中でその色が合わさって、紫の玉になってでてくるという内容です。

 

f:id:futagopapa25:20180320061908j:image

 

 f:id:futagopapa25:20180320061938j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320061946j:image

(ここでうちの子供達は「パープルのうんち!うんち!」と別な意味で大喜びです…)

 

飲み込む玉によって出てくる色が異なります。

 

実際に絵の具などでも同じような色の変化が生まれます。

 

f:id:futagopapa25:20180320062050j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320062104j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320062116j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320062126j:image

 

その異なる色と色を混ぜることによって別な色が生まれるということを楽しく学べる内容になっています。

 

そして、へびは黒い玉も飲み込んでしまい病気になります。

 

f:id:futagopapa25:20180320062203j:image

 

 f:id:futagopapa25:20180320062211j:image

 

f:id:futagopapa25:20180320062219j:image

 

落っこちたものとか食べるとおなかいたいいたいになるからねーと、拾い食いしちゃダメよとここで子供達に教えています。

 

f:id:futagopapa25:20180320062326j:image

 

ラストシーンは色達がへびを助けてあげてキレイな虹が森に出て終わるのですが、子供達はここまでちゃんと見てません。

 

グリーンのうんち!

 

パープルのうんち!

 

だとかで大盛り上がりです。

 

でも、それでもいいと思います。

 

色の配色について「楽しく」学べるならいいかなーと思っています。

 

2歳くらいからでも読めると思います。

 

色彩感覚を子供に学ばせたい人にはおすすめです。

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!