その他

意固地は損をする。

今日は「意固地は損をする」ということについて書きます。

 

夫婦関係とか、友人関係とか、仕事でも「価値観の衝突」というのはよくありますよね。

 

というか、だいたいのケンカの原因は考え方の違いが原因です。

 

つまり「価値観の衝突」です。

 

「自分はこう思う。お前がそう思わないのはおかしい」

 

というやつですね。

 

あなたもこう言われたことありません?

 

もしくはこういうことを言ってしまったことや、心に浮かんだことが一度があるんじゃないですか。

 

こういう風に頭から相手の考えを否定して、少しも自分の中に取り入れようとしない意固地な態度は、自分自身の人間性を狭めます。

 

自分の考え方がカチカチに固まり、柔軟性のかけらも持てないようになります。

 

自分の考え方や思考が狭くなると、人生においての決断の際の選択肢が少なくなります。

 

知らないことは選べないわけですから。

 

本当はもっと素晴らしい解決策やコミュニケーションの取り方があるのに、その方法が自分の中にないので、素敵な出会いをみすみす捨ててしまったり、有益な選択肢を持てなかったします。

 

その結果、自分の人生は豊かになりません。

 

そして、なぜ豊かになれないのか?

 

どうすれば豊かになれるのかに気づけません。

 

もっとひどい人は、「自分自身の人生が貧しい」状態であることにすら気づけません。

 

意固地でない人は、柔軟に他者の意見を自分の中に取り入れます。

 

「本当は自分は間違っているかもしれない」

 

と思うことができるのです。

 

一方で「間違えているかもしれない自分」を責めすぎることもありません。

 

客観的に、空の上から自分自身を眺めるように「自分が今どう感じているか?」を外から分析することができるからです。

 

意固地でない人は柔軟であるがゆえに、様々な価値観を自分の中に持っています。

 

「そういう意見もあるよね」

 

とさらっと思えるのです。

 

様々な価値観を自分の中に持っているので、色々な決断をするときに様々な角度から物を考えることができ

 

その時その時で、ベストもしくはベターな決断を下すことができます。

 

価値観は日々変わることを知っています。

 

人によって価値観が異なることを知っています。

 

自分が根っこで大事にしている価値観と、その価値を知っています。

 

でも、その根っこの価値観も常に疑い、日々、自分自身の思考や価値観をアップデートすることを忘れません。

 

昨日と今日で価値観が変わることを恐れません。

 

そういう人は、人生で得をします。

 

そうなれない意固地な人は、人生で損をします。

 

僕もこのことは忘れそうになる時があるので、気をつけようと思っています。

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!