映画

新作「ターミネーター」の出演者が決定!配役に隠された意図とは?

ジェームズ・キャメロンの伝説的なSF映画「ターミネーター2」の正式な続編として製作が決定した「The Terminater(ザ・ターミネーター)」

 

その新しい出演者が発表されました。

 

Gabriel Luna(ガブリエル・ルナ)です。

最近は「エージェント・オブ・シールド」が有名ですね。

 

他は、Natalia Reyes(ナタリア・リーズ)と、Diego Boneta(ディエゴ・ボネータ)です。

 

ナタリア・リーズはラテン系の俳優で、有名なラテンアメリカドラマの「Lady」や「La Vendedora de Rosas」という作品に出演しています。

 

ディエゴ・ボネータも同じくラテン系の俳優で、「ロック・オブ・エイジ」などに出演していますが、ネットフリックスのスペイン語のドラマ(ラテンアメリカの有名な歌手を扱う番組)に出演が決まっています。

 

ここでもっとも大事なことは、二人ともラテン系の俳優だということです。

 

そして、映画の舞台もメキシコ。

 

そして、アメリカでは白人の人口が減っており、近いうちに非白人人種の方が人口が多くなると言われています。

 

トランプが最後の男性白人大統領になるのでは、とも言われているくらいです。

 

人口の半分が非白人であり、その非白人の多くをラテン系が占めているのがアメリカです。

 

つまり、アメリカで公開される映画の観客の半分近くが、ラテン系なのです。

 

ハリウッドにとって、もっとも重要な顧客がラテン系の人々なのです。

 

だからこそ、今回はラテン系に人気のドラマの俳優や、ラテン系に人気のイケメン俳優を採用しているのです。

 

ピクサーの「リメンバー・ミー」がアメリカでヒットした理由の一つも、このラテン系の人々の存在感があります。

 

人種的にマイノリティであった非白人人種がいまでは、その数で逆転しつつあるのです。

 

中国のハリウッド映画での、静かな、でも確かな進出の理由もそこにあると思います。

 

中国のマーケットは無視できないですし、中国でハリウッド映画を公開するなら、中国の会社に出資してもらうのが一番楽ですから。

 

新たな「ターミネーター」作品にはそんな思惑が隠されていると思っています。

 

どちらにしろ、映画が面白ければそれでいいので、楽しみなんですけどね!

 

世界公開は、2019年11月22日の予定です!

 

参考記事

Gabriel Luna Set As Terminator In Reboot; Natalia Reyes, Diego Boneta Also Star | Deadline

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!