実体験と進化心理学から学んだ「産後の夫婦関係改善」のすべて!
夫婦関係

産後の奥さんが怖いのは当たり前。ちゃんと理由がある。【産後セックスレス解消】

奥さんとの産後のセックスレスって辛いですよね。

 

結婚したばかりの頃は仲が良かったのに、結婚して何年か経つと、恋人から「家族」という意識が強くて、全然そんな気にならなかったり、

 

子どもが生まれてからは、ますます妻は性欲が無くなったようで、全然その気になってくれなかったり、

 

セックスはしたいけど、奥さんとはそんな調子だからできなくて、

 

かと言って、浮気をするわけにもいかないし・・・

 

そんな気持ち、よく分かります。

 

また、新婚の頃のような新鮮な気持ちで、奥さんと同じ時間を過ごしたいですよね。

 

実は、結婚後や産後のセックスレスというのは、今の習慣や考え方を少し変えるだけで、解決することができるんです。

 

この【産後セックスレス解消】シリーズでは、どのように習慣や考え方を変えていくか、お伝えしていきますね。

 

夫婦のセックスレスで、毎日悶々とされているなら、この本文を読んで、また再び、出会った頃の気持ちに戻り、心から楽しめる夫婦生活を送れるようにしましょう。

 

今回は「産後の奥さんがなぜ怖くなるのか?」について、お話ししますね。

 

産後の奥さんって、夫からみたら、今までとは明らかに違う人間になりますよね。

 

「なんで、これやってくれないの?」

 

「なんで、これできないの?」

 

「もういい!キー!」

 

こんな感じになった人も多いですよね。

 

これってちゃんと理由があるんです。

 

女性は産後に、母乳の分泌を促すプロラクチンというホルモンが分泌されます。

 

このホルモンによって母乳が出やすくなるわけですが、このホルモンには副作用があります。

 

人を強気にさせる副作用があるんです。

 

母グマが子グマを守ろうと、牙を剥くイメージに近いですね。

 

産んだばかりの子供を守るために、強気になり、大胆になり、子供の命を脅かすものには、恐るものなく立ち向かえるようになります。

 

子供を守るために、産後の母は怒りやすくなるように設計されているのです。

 

だから、どうしようもないんですよ。

 

そりゃー、怖いわけですよ。。。

 

それに、出産時や授乳の時に分泌されるホルモンであるオキシトシンは、子供を可愛く思えるように設計されています。

 

だけど、これも副作用があり、他者に対して、排他的になる効果もあるんです。

 

子育てに積極的じゃない夫に嫌悪感を抱くのも、このホルモンの影響です。

 

夫の存在が、子供の成長を阻害するジャマモノである認識し、排除しようとするんです。

 

こうやってみてみると、女性の体は産んだ子供を守るために、色々な仕組みが備わっているんだなーってわかりますよね。

 

産後に女性は、怒りっぽくなり、自分勝手になる。

 

それは当たり前なんです。

 

だから、そのまま受けとめるしかないんです。

 

ここを男性が自分の気持ちばかりを考えて、「おれが、おれが」と言っていると、夫婦関係に溝ができ、セックスレスになってしまいます。

 

奥さんがめっちゃ怒っていても、ヒステリックになっていても、

 

「これはホルモンのせいだ。仕方ない。」

 

と心の中で念仏のように唱えて、気持ちを落ち着かせるしかないんですよね。

 

とはいえ、ガマンにも限界がありますよね。

 

こっちも仕事でトラブっていたり、帰りが遅くて疲れていたりすると、そんな仏のような気持ちになれないですからね。

 

僕は仕事は定時で終わらせていましたが、夜泣きがひどくて、子どもをあやしていたら朝の5時だったなんて時が何回もありました。

 

そんな寝不足状態でブラック企業で働いていたら、身が持たなかったでしょうね。

 

帰りが遅い会社の場合は、転職を考えた方がいいですよ。

 

ちなみに、いままでのぼくのセックスレス解消を振り返って、経験と進化人類学のエビデンスをもとに書いた「子どもが生まれて妻とセックスレスになっても、またセックスができるようになる方法」をnoteで書いていますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

 

他の夫婦関係記事はこちらから読めます。

➡︎「夫婦関係カテゴリー記事」

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!