夫婦関係

子供が二人いても、いまだに僕が妻にドキドキする理由。

恋愛ホルモンと呼ばれる「フェニルエチルアミン」というホルモンがあるんですが、これは若い頃にめちゃめちゃ分泌されて、

 

特に10代後半から20代ですね、この頃にすごい分泌されて、付き合っている人に対して

 

「もうこの人しかいない!結婚したい!」

 

と思わせる(勘違いさせる?)ほどの効果があります。

 

そうやって、ホルモンに振り回されて、人間は結婚してしまうわけですが、その恋愛ホルモンである「フェニルエチルアミン」は、3〜4年で分泌されなくなるそうです。

 

つまり、人は恋して3〜4年で、自動的に冷めてしまうわけですね。

 

たくさんの子孫を残さなきゃならないから、次の相手を見つけるために、そんなプログラミングが僕らの遺伝子にされているのかもですね。

 

結婚して、だんだんと冷めていって、「もう家族としてしか妻を(夫を)見れない」というのは、このフェニルエチルアミンが大きく影響しています。

 

人はなるべくして、セックスレスになるわけですね。

 

でも!

 

僕はいまだに妻にドキドキしているんですよね。

 

子供が生まれて1〜2年は育児に翻弄されて、そんな気はあまりなくなってしまいましたけど、

 

子供が3歳くらいになって、やっと自分達のことに集中できるようになって、妻はますます綺麗になったんですよ。

 

そこくらいからですね。

 

また、妻にドキドキするようになったのは。

 

妻が容姿に気をつけるようになったからというのもありますけど、それだけじゃないと思うんです。

 

こないだ、ずーっと、なぜなんだろう?

 

と考えていたんですが、これか!という答えらしきものが見つかったんです。

 

妻は、独身の頃から「自分越えパーティ(じぶんごえパーティ)」っていうのを何回かやっているんです。

 

最初は、「こいつは何を言ってるんだ?」とよく分からなかったんですが、要は何かと言うと、

 

今の自分のレベルでは、現状に立ち向かえられない(仕事の悩みとか、人間関係とか)ものがあって、それを乗り越えるためレベルアップをする儀式なんです。

 

儀式と言っても怪しいことをやっているわけじゃなくて、「自分越えパーティやるから」と言って、友達を呼んで、家でみんなでわいわい飲んでおしゃべりするんです。

 

そして、次の日からは今まで立ち向かえないと思っていた問題に、勇気を出して、立ち向かうわけです。

 

その「自分越えパーティ」の全貌を知った時は、「なんて意識の高いやつだ・・・」とびっくりしたのですが、よく言われる「意識高い系」の連中とは違うんですよね。

 

「意識高い系」の人間って、著名人とかの発言とか本とかに影響を受けて、口だけで行動に移さない人間が多いですけど、

 

妻は違うんですよね。

 

自分の中で問題提起をしたら、そこから逃げないんですよね。

 

どうしたらいいのか、真剣に考えて、実際に行動に移すんですよね。

 

なかなか乗り越えらない壁もあって、辛い時もあったと思うんですけど、彼女には、その壁を乗り越えようという強い意思があるんですよね。

 

その時、その時で、自分の考えを常にアップデートしようという意思が、彼女にはあるんです。

 

常に、自分の行動の改善を繰り返しているんです。

 

だから、彼女は、一番近くで見ている僕からすると、くるくる変わるんですよ。

 

本人は気付いていないかもしれないけど、彼女の親も知らないかもしれないけど、一番近くで見ている僕は知っているんです。

 

彼女がどんどん変わっていることに。

 

そして、どんどん変わることに彼女が躊躇しないことも。

 

本人は、自分のことを勇気のない人間だと思っているかもだけど、変化に対応しようとするのは勇気がある証拠なんです。

 

誰だって、今のまんまの方が楽ですから。

 

何も変えようとせず、グチだけこぼして、誰かのせいにしていれば、楽ですから。

 

でも

 

そんな人、つまんないんですよね。

 

一緒にいても楽しくないですよね。

 

ドキドキしませんよね。

 

僕の妻は違うんです。

 

彼女は常に変わっているんです。

 

本人が気付かないレベルのさりげなさで、ちょっとずつちょっとずつ、人としてレベルアップしているんです。

 

僕は、きっと、彼女の、常に変わり続けるその姿に、いつまでもドキドキしているんだと思います。

 

夫婦がいつまでも仲良く、お互いにドキドキし続けるには、「変化」が必要なんだと思います。

 

昨日とは違う自分、昨日とは違う相手。

 

その姿にきっとドキドキするんです。

 

相手が変化するたびに、恋愛ホルモンが分泌されるんじゃないかなと思っています。

 

〜おすすめ記事〜

妻の「面倒くさいからしたくない」の本当の理由と解決方法!

男性の「仕事で疲れているからセックスできない」の本当の意味とは?

 なぜ、男は産後の妻に勃たないのか?

教育費の積み立ては「つみたてNISA」がおすすめな理由

 

その他の夫婦関係に関する記事はこちらです。

合わせてどうぞー。

おもにセックスレス解消方法の話ばかりですが。

>>夫婦関係カテゴリー記事

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!