育児

アクアワールド大洗水族館は「サメの卵が触れる」体験型のすごい水族館だった!

こないだ、アクアワールド大洗水族館に、4歳になる双子の男の子と、再来月に出産する妊婦の妻と行ってきました。

 

行くまでは、大洗って遠いし、何があるか知らないし、正直微妙・・

 

と思っていましたが、いままでに行った水族館の中でも最高の水族館でした!

 

沖縄の美ら海水族館よりも、池袋のサンシャイン水族館よりもよかったですねー。

 

大洗水族館ってどうなの?

 

子どもでも楽しめるの?

 

妊婦でも大丈夫なの?

 

混雑しない?

 

ランチは?

 

などなど、大洗水族館に興味はあるけど、実際どういうところなのか知りたい方向けに、感想などを書きますね。

埼玉から車で2時間。決して近くはない。

 

埼玉からは車で2時間かかりますので、決して近くはないです。

 

行くときは、高速を使って、途中の守谷SAで休憩した方がいいです。

 

そうしないと子どもたちが車に飽きて暴れ出します。

 

守谷SAは、このあたりではかなり大型のサービスエリアですので、休憩にはちょうどいいですよ。

 

f:id:futagopapa25:20180926053331j:plain

 

スタバもあるし。

 

f:id:futagopapa25:20180926053342j:plain

 

お菓子とかご飯も美味しいものが多いです。

 

f:id:futagopapa25:20180926053351j:plain

 

茨城ならではの納豆せんべい

 

f:id:futagopapa25:20180926053405j:plain

 

本物の納豆が入っているので、ぬるっとしたお味がします。

 

4歳のうちの子は「ちょっとからい」と言いながらも、たくさん食べていました。

 

f:id:futagopapa25:20180926053414j:plain

 

 

駐車場の混み具合は?

 

僕らが行ったのは土曜日の10:30頃でしたが、駐車場はガラッガラでしたね。

 

1,000台以上停められるらしいので、10時くらいに行けば、駐車場には困らないと思います。

 

駐車料金はかかりません。

 

海岸が目の前!海を楽しめる!

 

水族館の目の前は海岸なので、夏はそのまま海水浴とか楽しめますね!

 

f:id:futagopapa25:20180926054000j:plain

 

謎のイルカのオブジェ・・・

 

紐を揺らすと鐘が鳴ります。

 

f:id:futagopapa25:20180926054234j:plain

 

いつのだろう?

80年代か?90年代か?

 

ってくらい、懐かしいものがありました。

 

南京錠で愛の鍵をかけるんですね。

 

いまどき誰がやるんだ?って思っていたら、結構最近のもたくさんありました。

 

f:id:futagopapa25:20180926054243j:plain

 

でっかいウミガメのオブジェ!

 

本物のウミガメも水族館にはいますよ。

赤ちゃんのウミガメもいます。

 

f:id:futagopapa25:20180926054337j:plain

 

料金

 

土曜日だったので、子どもは半額でした。

 

大人は安くならず、でも前売り券を買えば10%オフで入れます。

 

前売り券はコンビニとかでは売っていなくて、周辺のホテルなどで扱っています。

 

このサイトに書いてある場所で買えますよ。

>>前売り券販売所

 

f:id:futagopapa25:20180926054754j:plain

 

サメ、マンボウ、ウミガメ、ニモ、人気者はみんないる!

 

ペンギンがめっちゃたくさんいます!

 

そして、異様にみんな元気いっぱいです!

 

f:id:futagopapa25:20180926055836j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926055846j:plain

 

ペンギンが泳いでいる様子を水中から見れます。

 

ものすごい足をバタバタするんですね。

 

 

f:id:futagopapa25:20180926060008j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926055930j:plain

 

アザラシだったかな。めちゃめちゃ近くで見れます。

 

f:id:futagopapa25:20180926060034j:plain

 

これはウミガメですね。

 

普通に目の前をスイスイ泳いでいました。

f:id:futagopapa25:20180926060103j:plain

 

これはサメの水槽ですね。

 

サメだけで1フロア使うくらい、サメだらけでした。

 

f:id:futagopapa25:20180926060129j:plain

 

こいつ、めっちゃ怖い顔してる・・・

 

f:id:futagopapa25:20180926060206j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926060233j:plain

 

サメフロアに行くエスカレーターの上も水槽になっていて、エスカレーターに乗っている時に上を見上げると

 

まるで、サメが空を飛んでいるかのようです!

 

 
 
 
View this post on Instagram

サメが空を飛んでいる!

atsuさん(@atsu00atsu)がシェアした投稿 –

 

サメの標本もあります。

こんな近くで見たことなかったですね。

 

f:id:futagopapa25:20180926070121j:plain

 

沖縄の海を再現した水槽もあります。

 

「あっ!ドリー!」

 

と、「ファインディング・ニモ」を見ているうちの子は早速食いついていました。

 

f:id:futagopapa25:20180926060613j:plain

 

ニモ(カクレクマノミ)もめっちゃたくさんいます。

 

こんなにいていいのかってくらいいますよ。

 

f:id:futagopapa25:20180926060723j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926060732j:plain

 

クラゲもめちゃめちゃいる

 

クラゲ好きもお腹いっぱいになるくらい、いろんな種類のクラゲが大量にいます。

 

f:id:futagopapa25:20180926061201j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926061212j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926061221j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926061229j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926061239j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926061247j:plain

 

珍しい魚もたくさん!

 

さすが、サメの展示日本一なだけあって、見たことも聞いたこともないサメもいました。

 

f:id:futagopapa25:20180926060506j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926060538j:plain

 

これはリュウグウノツカイの本物を使った標本です。

 

日本では人魚のモデルになっている深海魚だそうです。

 

すっごい長いですよ。

 

f:id:futagopapa25:20180926061428j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926061439j:plain

 

水槽が大きくて迫力がある!

 

沖縄の美ら海水族館にも、こんなおっきな水槽があるけど、すごい混んでて、全然見えないんですよ。

 

でも、大洗水族館なら見放題!

 

f:id:futagopapa25:20180926061653j:plain

 

 

f:id:futagopapa25:20180926062233j:plain

 

ウミガメもスイスイ泳いでいます。

 

f:id:futagopapa25:20180926062246j:plain

 

ショーが終わる時に、下から泡をブワッと出してくれるんですが、これがすごいキレイでした。

 

f:id:futagopapa25:20180926062311j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926062354j:plain

 

キッズスペースがとんでもなくでかい!

見てくださいよ、この巨大アスレチック!

 

f:id:futagopapa25:20180926063151j:plain

 

子どもたちが尋常じゃないくらい、大はしゃぎしていました!

 

f:id:futagopapa25:20180926063240j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926063248j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926063258j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926063310j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926063318j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926063329j:plain

 

 

30分以上はここで遊んでいましたね。

 

子どもを連れてくるときは、ここで必ず足止めをくらいますので、急いでいるときは避けたほうがいいです。

 

ただ、すごい子どもが喜ぶので、絶対に連れて行った方がいいですよ。

 

フードコートは広いのでランチには困らない

 

フードコートはすごい広くて、お店がたくさんあるので、ランチには困りません。

 

僕が行ったときは、秋だったせいか、土曜でも混んでいなかったですね。

 

f:id:futagopapa25:20180926063641j:plain

 

お寿司もあります。

 

f:id:futagopapa25:20180926063651j:plain

 

大洗名物という「かに汁」をたべましたが

 

うん、普通の味噌汁でした。

 

f:id:futagopapa25:20180926063700j:plain

 

せっかく港に来たなら、ここじゃなくて、大洗海鮮市場とかで食べた方がいいでしょうね。

 

僕らも次回はそうします。

>>大洗海鮮市場

 

お弁当を持ってきても座るところに困らない

 

椅子やテーブルはたくさんあるので、おにぎりとかお弁当を持って来て、館内で食べても問題ありません。

 

そういう人もたくさんいました。

 

ランチは軽くおにぎりでも食べて、帰りに海鮮市場に寄るとかでもいいかもですね。

 

サメの卵に触れる!

 

驚いたのが、このサメの卵触り放題ですね。

 

いろんな種類のサメの卵(の殻)が置いてあって、どれも触り放題なんです!

 

f:id:futagopapa25:20180926064827j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926064837j:plain

 

これはネコザメの卵の殻なんですが、海の流れに流されないために、こんなトルネードのような形担っているんですって。

 

 
 
 
View this post on Instagram

これはネコザメの卵の殻!

atsuさん(@atsu00atsu)がシェアした投稿 –

 

これは、本当にたまたま、サメの出産シーンに立ち会った時の写真です。

 

真ん中の黄色いのがサメの卵です。

 

海に流されないように、岩にべったりとくっついています。

 

f:id:futagopapa25:20180926065317j:plain

 

体験型の展示が多い!

 

サメの卵触り放題もそうですが、体験型の展示が多いなと感じました。

 

これはメガロドンという、大昔のサメの先祖ですが、こいつの牙の化石があって、

 

それを実際に触れるんです。

 

f:id:futagopapa25:20180926065712j:plain

 

f:id:futagopapa25:20180926065844j:plain

 

これはサメの実際の皮膚、これも触り放題。

 

f:id:futagopapa25:20180926065912j:plain

 

これはウニやヒトデを素手で触れるコーナーです。

 

キッズスペースにあります。

 

f:id:futagopapa25:20180926065949j:plain 

イルカショーは普通

 

一応、イルカショーも見ましたが、普通ですね。

 

他の水族館とやっていることは同じです。

 

見る必要もないと思います。

 

それより、大量のサメや、素手で触れる体験コーナーに時間を割いたほうが子どもが喜びます。

 

妊婦でも行けるのか?

 

エレベーターやエスカレーターがたくさんあって、館内も広いのですが、展示がギュッと詰まっているので、無駄に歩かされることもありません。

 

再来月に出産するうちの妻も楽しめたようです。

 

まとめ

 

子どもならきっと楽しめますし、大人でもここまで展示物が充実している水族館は他にないので、十分に楽しめますよ。

 

わざわざ茨城まで行ってよかったと、僕は思っています。 

 

もう東京の水族館に行くことはないですね。

 

アクアワールド大洗水族館ほどのダイナミックさはないですからね。

 

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!