作らないとめちゃめちゃ損をする楽天カードまとめ!
おすすめグッズ

この世は太る罠だらけ。30過ぎたら食べ物に気をつけよう!

ぼくは30歳過ぎたくらいから急に太りやすくなっちゃって

 

さらに子どもが生まれて家事に育児に仕事にバタバタしていたら、さらに太ってしまいました。。。

 

育児をしていると、もうその辺にあるものを食べる生活になっちゃうんですよね。

 

子どもも4歳になって落ち着いてきたので、食事の本とかたくさん読んで、いろいろ実践してみました。

 

そうすると、ほんとに普通に生活しているだけで、人は太るようにこの社会はできているなーと、しみじみ実感しました。

 

逆に言うと、痩せるためには、特に新陳代謝の落ちたぼくみたいな30代以降は、食事にめちゃくちゃ気をつけないと絶対に痩せないです。

 

今回は家事に育児に仕事に翻弄されるママやパパが、どうやって食事で痩せるかを書きますね。

 

産後に太っちゃったママさんや、最近お腹周りが気になると言うパパさんは参考にしてみてください。

普通に生活してると確実に太る

 

あなたも30代になったら太りやすくなりましたよね? 

 

ぼくもです。

 

年をとると代謝が悪くなって、20代と同じものを食べていると簡単に太るんですよ。

 

でも、それだけじゃなくて、普通に食事をしているだけで太ります。

 

毎日、白米食べていますよね?

 

あれは全部糖分に変わりますし、最近の研究では、白米を食べれば食べるほど糖尿病のリスクが高まることが分かっています。

 

普通にスーパーとかで売っている食パンも食べていますか?

 

白い小麦は、小麦の周りの植物繊維を根こそぎ取ってしまっているので、食べても体の中で糖分にしかなりません。

 

それに、サラダにかけるドレッシング。

 

あれの中身って知ってます?

 

油と砂糖と塩がほとんどです。

 

市販のドレッシングをサラダにかけるということは、おれは太るぞー!と宣言しているようなもんです。

 

お菓子もたまに食べていますか?

 

せんべい、チョコ、ビスケット、ポテトチップス

 

いろいろありますけど、みんな最後は体の中で糖分や脂肪になるものばかりです。

 

ビールもたまに(毎日?)飲んでいます?

 

ビールを飲むとつまみが欲しくなってついついしょっぽいものを食べ過ぎちゃいますよね。

 

ソーセージやハムには脂肪がたくさん添加されているので、油を食べているようなものです。

 

あなたもここに書いたものを1日に1回は食べていますよね?

 

こんな感じで、普通に生活しているだけで太るようにこの世はできているんですよ。

 

若いうちは太りにくいけど、年をとるとそうもいきません。

 

運動したってたいして痩せないですからね。

 

もう、どうしようもないです。

 

太るものは安く大量生産できるから企業も作りたがるんです。

 

それに、油と塩と砂糖をヒトは美味しいと感じるんですよ。

 

何百万年も前の石器時代にぼくらの遺伝子は出来上がっていて、その頃は食べ物なんて簡単に手に入らなかったので

 

栄養になる油と塩と砂糖をヒトは美味しいと感じるようにプログラミングされたんです。

 

だから、どんどん食べたくなっちゃうんです。

 

でも、今は石器時代じゃないですよね?

 

でも、食品企業は、人が美味しいと感じる「至福ポイント」というものを研究し尽くして、油と塩と砂糖を絶妙なバランスで調合した食品を作っているんです。

 

そりゃ、美味しく感じますよ。

 

そして、それは太るんです。

 

でも、食品メーカーにとっては、太りやすいとか健康に悪いとか、そんなことはどうでもいいんですよ。

 

至福ポイントを無視して油と塩と砂糖を混ぜないと、大量生産食品はまずくて食べられたものじゃないですから。

 

だからこそ、30歳を過ぎて太りやすくなったぼくらは、こういう企業の思惑を考えながら

 

何を食べるかを、自分で選ばないとダメなんです。

 

ドレッシングはオリーブオイルと塩で十分

 

ドレッシングはオリーブオイルと塩で十分に美味しくなります。

 

激安オリーブオイルは酸化していて、苦味が強いです。

 

ちょっと高くてもすぐになくなりませんから、いいものを買った方がいいです。

 

といいつつ、ぼくは普通にスーパーで売ってるボスコってオリーブオイルを使ってます。

 

 

塩も。安い塩は、塩化ナトリウムという化学的に作られたものなので塩じゃないですからね。

 

これです。

f:id:futagopapa25:20181010064536j:image

 

いい塩はほんとに美味しいです。

 

ぼくらフランスのゲランドの塩というのを使ってます。

 

そんなに思ったほど高くもないです。

 

あっという間になくなるものでもないですしね。

 

これがゲランドの塩です。

 

 

調味料を美味しいものに変えると、食事が楽しくなりますよ。

 

白米を玄米に変える

 

玄米って茶色いですよね?

 

あの茶色いのが食物繊維なんです。

 

食物繊維がそのまま残ってるから、炭水化物の吸収を穏やかにしてくれて、太りにくくなるんです。

 

それに食べれば食べるほど、糖尿病のリスクも下がります。

 

白米はこの食物繊維をごっそり剥がしちゃってるんですよ。

 

中身の真っ白い糖分にしかならない部分しか残っていないので、食べれば食べるほど太るし、糖尿病にもなりやすくなるんです。

 

これは、ほんとに、この国に根強く染み付いたお米信仰のせいか、ものすごい罠ですよね。

 

お百姓さんに悪いからお米は残さず食べろ

 

なんて言われてたけど、食べれば食べるほど不健康になるなんて。

 

 

ビールを辛口白ワインに変える

 

辛口の白ワインは腸内環境を整えるので、痩せやすくなります。

 

はじめは慣れないですけど、暑い日は氷と一緒にジュースみたいな感じで飲むと飲みやすいです。

 

ワインにハマると、銘柄ごとに味が違うので長く楽しめますよ。

 

正直、ビールなんてどれ飲んでもたいした違いはないですが、ワインはほんとに銘柄ごとに違うし、産地ごとに違うので面白いです。

 

美味しいワインはほんとに美味しいです。

 

それに、ワインに詳しい大人って、かっこよくないですか?

 

この白ワインは安いのに美味しいですよ。

 

 

他に、「安くて美味い500円白ワインまとめ!」という記事に、500円台の安くて美味しいワインをまとめているので、合わせてどうぞ。

>>安くて美味い500円白ワインまとめ!

 

パンを手作り全粒粉パンに変える

 

これは、まだぼくはできていないんですが、普通に売っているパンは小麦を精製しているので

 

白米と同じように、まわりの食物繊維をぜんぶ取ってしまっているんです。

 

玄米と同じで、全粒粉という、食物繊維がついたままの小麦を使ってパンを作ると

 

炭水化物の吸収を穏やかにしてくれて、太りにくくなります。

 

それに、パンを焼いてキッチンにおいておけば、いつでも食べられるのでお菓子がわりにもなります。

 

これは、今度試してみたいなーと思ってます。

 

お菓子を無塩ナッツにする

 

せんべい、チョコ、チップス、クッキー

 

お菓子は普通に食べてるだけで太ります。

 

めちゃくちゃ砂糖や塩や油が入ってますから。

 

その代わりに、ぼくは無塩ナッツを食べています。

 

 

これははじめは味がしないなーと思うんですが、慣れると素材の味をしっかり感じることができるようになります。

 

砂糖も塩も油も使っていないので、健康そのものです。

 

小分けの袋に入っていて食べやすいので、お腹が空くとこれをポリポリ食べています。

 

まとめ

 

ほんとに普通に生活しているだけで太るように、世の中の食べ物はできているので

 

自分で調べながら食事を選ばないとどんどん太っていきます。

 

このあたりの本が健康を考えるのに役立ちましたので、もっと詳しく知りたいからは読んでみてください。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!