作らないとめちゃめちゃ損をする楽天カードまとめ!
夫婦関係

妻の方が優れているという事実を受け入れると家庭生活が楽になる。

料理を作りながらお風呂を沸かして、その間に子どもが保育園から持ち帰ってきた汚れ物を洗濯機に入れて、そうしながら子供たちの話を聞いてあげて、子どもたちの料理を守りながら、夫の夕食分を別皿に移して、冷蔵庫の中身を軽く見て、明日何を買うべきかを考えながら、子どもの口にご飯を入れている。

 

だいたいの女性はこんな感じです。

 

男性のみなさん、これできますか?

 

ちなみに子どもはおとなしくご飯食べませんからね。

キャーキャー言っていたり、ずっとおしゃべりしていたり、お茶をこぼしたり、ご飯を床に投げつけたり、突然うんちしたり、もう想定外のトラブルだらけですから。

 

これが会社の仕事なら、「緊急トラブル発生!関係者集合!」とかアナウンス流れるレベルですから。

 

ママは関係者自分しかいませんから、夫が帰宅していなければ全てのトラブルを解決させなきゃなりません。

 

はっきり言って、だいたいの男性にはこの業務は1人ではこなせません。

 

僕だってこなせません。

 

女性はこれを毎日やっているんです。

 

1日24時間、何年間もやっているんです。

 

働くママさんなら、普通の仕事もあるんです。

パパは仕事しかないですよね?

 

なのにできないんです。

 

パパは仕事しかしていないのに、冒頭であげた家庭内の業務にはまるで役に立たないことがほとんどなんです。

 

いいかげん、男は女性より能力が劣っていることを認めたほうがいいです。

 

「自分のことは使えないバイトだと思ってくれ」

 

と自分に奥さんに言った方がいいです。

 

その方が気が楽になりますよ。

 

その方が家庭がすんなり回りますよ。

 

くだらないプライドは捨てて、「できない自分」を受け入れましょう。

 

なぜなら、あなたは男性なんですから。

 

女性より劣っている男性という生物なんですから、しかたないです。

 

その事実を受け入れた上で、なにをやるべきか、どうやるべきかを、妻と考えた方がいいです。

 

「所詮、自分は遺伝子のメッセンジャー」

 

それくらいの気持ちでいた方が、家事育児が気楽な気持ちでできるようになります。

 

 もっと詳しく知りたい人はこの本がおすすめです。

男性は、男として生きるのが楽になります。

女性は、自分の夫が使えないのは仕方ないと冷静な気持ちで納得できます。

 

 生物と無生物の間(福岡伸一 著)

(Amazonで調べる)

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!