実体験と進化心理学から学んだ「産後の夫婦関係改善」のすべて!
夫婦関係

誰でもできる妻の心をつかむ簡単な方法!【産後セックスレス解消】

 

シリタイゾウ
シリタイゾウ

妻とのセックスレスを解消したい。

妻がすぐ怒る・・・

どうやって妻とスムーズなコミュニケーションが取れるんだろう?

 

 

そんな疑問にお答えします。

 

こんにちは!産後、夫婦関係が悪化し、セックスレスになったけれど、夫婦関係を回復し、自然に子どもが3人できたアツ(@atsuatsu)です。

 

今回は、妻を怒らせずに心地よい関係を作るための秘けつを書きます。

 

セックスレスを解消させる前に、まず、あなたの妻があなたとコミュニケーションを積極的に取りたいと、思う必要があります。

 

そのために重要なものは「共感」です。

 

妻の言葉に共感を示し、夫婦関係を改善する

 

「つかれた〜」

 

「あ〜腰が痛い〜」

 

「もう、なんにもやりたくない〜」

 

「子育て、もういやだ〜」

 

「ご飯、なんにも作りたくない〜」

 

というグチを、奥さんから聞いたことがありませんか?

 

ぼくは何百回も聞いています。

 

こんなことを奥さんが言った時は、真面目に回答しない方がいいです。

 

「疲れるよね〜」

 

「大変だよね〜」

 

「いつも、ありがとうね」

 

「そうだよね〜、いやになっちゃうよね〜」

 

「なんにもやりたくないよね〜」

 

と、とにかく妻の気持ちに寄り添って共感するだけでいいです。

 

「だったらどうするんだ?」とか、「俺になにもかもやれってのか?」など、口に出さなくていいし、そんなことを思う必要もないです。

 

あなたの妻は、解決策が欲しいんじゃなくて、ただ「だよね〜」と共感して欲しいだけですから。

 

「さっき、玄関で転びそうになっちゃって危なかったの!」

 

「今日は雨が降りそうだけど、降らなかったね」

 

などの

 

「だから、なんなんだ?」

 

と、言いたくなるような発言を、あなたも自分の妻から一度は聞いたことがありますよね。

 

なぜ、女性は共感しておけばいいのか?

 

女性は右脳と左脳をつなぐ脳梁(のうりょう)が太いため、左脳と右脳の連携が上手です。

 

そのため、記憶(感情)と解決策(論理性)が、セットで脳内に保管されます。

 

ですので、トラブルが起こった時に、過去の体験を記憶から瞬時に引っ張り出すことができます。

 

転びそうで転ばなかった話や、雨が降りそうで降らなかった話も、記憶にしまっておくのです。

 

そして、女性は「前日雨が降った日は、滑りやすい靴を履かない」という体験と教訓を、セットで脳内に記憶するのです。

 

だから、あなたが奥さんから「転びそうで転ばなかった話」や「雨が降りそうで降らなかった話」をされても、まともなアドバイスは一切せず

 

「危なかったね〜」

 

「ケガしなくてよかったね〜」

 

と、共感を示しておくだけでいいんです。

 

もっともらしいアドバイスを、条件反射で思わず言ってしまいそうになるんですが(ぼくは、過去何度も言っています)

 

「共感する。共感する。共感する。」

 

と、心の中で念仏のように唱えて、余計なことを言わないようにしましょう。

 

これだけで、だいぶ妻との距離は縮まりますよ。

 

だいたいの男は共感ができないので、他の男との差別化になる

 

男はみんな余計なアドバイスをしたがりますから(左脳と右脳を連携できず、左脳だけが機能して瞬時に解決策が頭に浮かぶため)、あなたがそうしないだけで好感度がグッと上がります。

 

男は共感をすると、小脳にダメージが加わり、小脳のダメージは小腸につながっており

 

小腸にダメージが加わると、免疫力が落ちて寿命が縮みます。

 

だから、ほとんどの男は女性に共感をしめせないんです。

 

疲れるだけですからね。

 

でも、共感をすることで、妻のストレスが減り、妻のストレスが減ることで、あなたへの態度は柔らかいものになり

 

その結果、夫婦関係がよくなり、産後のセックスレス解消までの時間も短くなります。

 

それに、女性への共感があたりまえのようにできるようになると、他の女性からも好意的に受け取られるようになりますから、男としての自信にもつながります。

 

ほとんどの男性ができていない「妻への共感」

 

ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

noteでは、ぼくの実体験と進化人類学の観点から考えた「産後の妻とのセックスレス解消理論」を書いていますので、合わせてどうぞ。

>>ぼくらの産後セックスレス解消新理論、「子どもが生まれて妻とセックスレスになっても、またセックスができるようになる方法」

 

また、男女の脳の違いについてや、詳しい脳科学の話は、黒川伊保子さんの「女の機嫌の直し方」と、「妻のトリセツ」という本に書かれていますので、ぜひ読んでみてください。

 

created by Rinker
講談社
¥864
(2019/09/23 22:05:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

その他の夫婦関係の記事はこちらから読めます。

>>「夫婦関係」カテゴリー記事

 

ABOUT ME
アツ
アツ
4歳の双子の男の子と0歳の男の子がいます。資産運用(つみたてNISA)で教育費を貯める方法、夫婦関係改善のヒント、おすすめのおもちゃやグッズの紹介をしています!